• HOME
  • 青木俊直のどこでもiPad Proゆるゆるおえかき術

青木俊直のどこでもiPad Proゆるゆるおえかき術

青木俊直のどこでもiPad Proゆるゆるおえかき術

マンガ家 青木俊直さんのiPad Proのイラスト制作活用法と発想術!
2019年4月15日発売
B5判 144ページ
定価:本体2,000円+税
ISBN978-4-7683-1162-2 

マンガ家 青木俊直のiPad Pro
イラスト制作活用法と発想術!



「あまちゃん」のファンアート(あま絵)でも知られるマンガ家・青木俊直さんのiPad Proを使用したデジタルマンガ・イラストの描き方と、iPad Proを持ち歩いて外で絵を描くことのメリット、さらにちょっとしたことから「妄想」を広げていく独特の発想術をご紹介する本です。
iPad ProはApple Pencilとの組みわせでマンガ制作が容易になりました。青木さんはアイデアスケッチからマンガの根幹となるネーム作り、下書き、ペン入れにまで活用しています。アプリとしてCLIP STUDIO PAINTとProcreateを用いたマンガ制作のプロセスを、青木さんならではの「ゆるゆるマンガ」で解説していきます。
青木さんは自宅ではパソコンで制作を行う一方、外で仕事することも多い「ノマド型クリエイター」です。iPad Proを常に持ち歩き、移動中に浮かんだアイデアを素早く絵に描いたり、ヒントになるものを見つけたらメモやスケッチ、写真に残しています。アニメやゲームのキャラクターの仕事では、打ち合わせ中にその場でiPad Proで絵を描いて提案することもあります。iPad Proの「どこでも描ける」魅力を伝えていきます。
身近なテーマから発想し、時にはダジャレや言葉遊びから「妄想」を膨らませる青木さんの発想術も本書の見どころです。多くの人の共感を呼んだファンアートは、登場人物への愛情と観察眼に支えられています。また毎年開催している個展でもその「妄想力」が発揮されています。そうした発想のヒントについてエッセイ形式で紹介していきます。
ともにiPad Proユーザーである漫画家の内藤泰弘さん、寺田克也さんとの対談も掲載。同業者ならではの制作話も必読です。

 

【Contents】
1章 青木式・デジタルイラストテクニック解説
2章 青木俊直の仕事
3章 青木式・いつでもどこでも描ける術
4章 青木式・妄想世界の構築術




【著者について】 青木俊直
1960年生まれ。筑波大学基礎工学類卒業。フジテレビ「アインシュタイン」「ウゴウゴルーガ」でCGによるアニメーション制作を行う。以後、NHK「みんなのうた」「むしまるQ」など子供向け番組を中心に、キャラクターデザインやアニメーション制作を手がける。並行して、携帯ゲーム開発、ウェブコンテンツ制作、漫画制作を行う。商業漫画デビュー作は「なのはなフラワーズ」(2008年)。京都精華大学マンガ学部講師。



【Page Sample】