• HOME
  • ポートレート撮影プロセスレシピ

ポートレート撮影プロセスレシピ

ポートレート撮影プロセスレシピ

ストーリー設定から完成までの流れがわかる!
2020年6月18日発売
B5判 176ページ
定価:本体2,000円+税
ISBN978-4-7683-1331-2

ストーリー設定から完成までの流れがわかる!


写真家・萩原和幸が普段のポートレート撮影を5カット1セットの組み写真をベースに、ストーリー設定から撮影プロセス、最終カットチョイスまでの流れを丁寧に解説。また季節を6つの分け、それぞれに異なるモデルを設定することで、個別シーンを撮影するためのヒントを豊富に散りばめました。ポートレート・フォトグラファーがさらに一歩先の作品に進むための必読書です。


【著者について】萩原和幸(ハギワラカズユキ)

1969年静岡生まれ。静岡大学人文学部法学科及び東京工芸大学写真技術科卒業。写真家・故今井友一氏に師事し、広告を中心にファッション撮影を学ぶ。独立後は広告撮影や週刊誌・月刊誌のグラビア撮影など人物撮影で活動。カメラ・レンズメーカーへの作品提供やカメラ専門誌への寄稿多数。またコンテストや芸術祭の審査員、ワークショップ講師・撮影会指導などもつとめ、写真の楽しさ面白さを伝えている。地元静岡の日常スナップ撮影がライフワーク。個展・企画展多数。
(公益社団法人)日本写真家協会(JPS)会員。静岡デザイン専門学校講師。ソニーαアカデミー講師。



【Contents 】
■撮影のための5つの視点+1

■春のプロセスレシピ 水原 雅
・春の組み写真『春もよう・心ときめく』
・RECIPE01 桜の散るタイミングとモデルの動きをリンクさせてベストを狙う
・RECIPE02 やや離れた位置から仕草とともにリアルな感情を表した表情を追う …ほか

■初夏のプロセスレシピ いのうえ のぞみ
・初夏の組み写真『ア・イ・シ・テ・ル』
・RECIPE01 フィルターを効果的に使うことで梅雨の湿った空気を演出
・RECIPE02 雨粒をオフカメラ・ストロボで光らせ印象的な画を演出 …ほか

■盛夏のプロセスレシピ 岩井七世
・盛夏の組み写真『夏は憶えている』
・RECIPE01 木漏れ日と輝度差を考慮したレフ板ライティングで真夏の強い光を演出
・RECIPE02 空の青さと稲の緑の鮮やかさを際立たせた里の夏らしい画に仕上げる …ほか

■初秋のプロセスレシピ 藤江れいな
・初秋の組み写真『秋の光に包まれたなら』
・RECIPE01 秋の柔らかい日差しをオールドレンズのにじみのある描写で表現
・RECIPE02 床を照らしている日差しを大胆に取り入れ秋の柔らかな明るさを出す …ほか

■晩秋のプロセスレシピ こいずみ さき
・晩秋の組み写真『彼女の被写体』
・RECIPE01 友達と同じ目線での距離感と前ボケによる彩り効果を演出
・RECIPE02 前ボケを活かしながら目線の先の高さ感を演出するように表現 …ほか

■冬のプロセスレシピ 前田亜美
・冬の組み写真『いつか、同じ場所に。』
・RECIPE01 ストロボで画にメリハリをつけるハイライトと〝日差し〟感を創る
・RECIPE02 大胆に鮮やかな青空を取り入れ往時を思い出す姿を順光で演出 …ほか




【Page Sample】