• HOME
  • iPadとSNSとクラウドの活用でイラストレーターの制作と仕事が変わる!

iPadとSNSとクラウドの活用でイラストレーターの制作と仕事が変わる!

iPadとSNSとクラウドの活用でイラストレーターの制作と仕事が変わる!

イラストレーターのデジタル制作のハードルを下げる
2020年8月31日発売
B5判 128ページ
定価:本体2,500円+税
ISBN978-4-7683-1373-2

イラストレーターのデジタル制作のハードルを下げる

手描き派でもイラストのデータ入稿が当たり前になった今、イラストレーターのワークフローやビジネスを大きく変えるデジタルツールの新たな波が起きている。
iPadを使えば外出先でも制作が可能になり、作品データの保存や受け渡しはクラウドで安全に、SNSで情報発信して海外や遠隔地との仕事も楽々こなす!
ベテランイラストレーター井筒啓之が、新しいデジタルツールの活用法やインターネットを通じたビジネスの開拓など、自ら実践してきた取り組みを解説。Photoshopによる手描きイラストのレタッチ技術と、それを応用したPhotoshop iPad版での制作、新しい描画ツールAdobe Frescoを使ったイラスト制作、ポートフォリオサイトBehanceを使ったプロモーションなどSNSの活用、クラウドによるデータの保存や受け渡し、ネットを活用した海外進出の考察など、実践的な内容が盛りだくさん。
さらにワールドワイドに活躍する目黒ケイ、福田愛子、IC4DESIGNの制作事例紹介、この3組と著者とのオンライン座談会も読み応えアリ。

【Contents】
1章:iPad + Adobe Photoshop iPad版&Adobe Frescoで変わるイラスト制作のワークフロー
2章:Photoshopを使ったレタッチ&描画テクニック
3章:インターネットとSNSを使ったプロモーション
4章:これからのイラストレーターのワークフロー
オンライン座談会:IC4DESIGN×福田愛子×目黒ケイ×井筒啓之


【著者について】
井筒 啓之
1955年生まれ。香川県で生まれ東京で育つ。
1981年第1回チョイス入選。 1998年講談社出版文化賞さし絵賞受賞。
浅田次郎著「鉄道員(ぽっぽや)」、酒井順子著「負け犬の遠吠え」装画。朝日新聞連載小説 柳美里「8月の果て」、毎日新聞連載小説浅田次郎「おもかげ」のさし絵。
現在は四国電力カレンダー、イギリスTaylors of Harrogateのコーヒーパッケージ, ファイル転送サービスWetransfer社のデスクトップ画面など国内、国外問わず幅広く活躍。


【Page Sample】