• HOME
  • 現代風景写真表現

現代風景写真表現

現代風景写真表現

萩原兄弟が伝えたいコト
2020年10月5日発売
B5判 176ページ
定価:本体2,000円+税
ISBN978-4-7683-1397-8

萩原兄弟が伝えたいコト

本書は風景写真家、萩原史郎、萩原俊哉の兄弟が20年ほどの写真家活動の中で培ってきた、風景写真を撮り、仕上げ、表現するための心構えや矜持、ハウツーなどを作品とともにまとめたものです。
弟・俊哉氏が制作途中で帰らぬ人となったため、解説文は同じ風景写真家である妻のれいこ氏が執筆。俊哉氏の遺作になった本書には、表現者としての経験、知識を遺したいという願いが詰め込まれています。

【CONTENTS】
■第一章 春の花々はおぼろで麗しく……
個性は求めなくとも貴方の中に在る
「面白い」が次の一歩へ
アイデアは無限である
絵はがき写真の真髄
とっさの瞬間のための日常…ほか

■第二章 夏の山水は清々しき緑に包まれ……
大きな風景と小さな風景
被写体を知り視点を開こう
プラス思考で呟く「難しい」
アイデアは現場で生まれている
10人の「いいね」と1人の「いいね」…ほか

■第三章 秋の木葉は麗しく化粧し……
娯楽性は写真の本質の一つ
風景を見つけ出す語らい
できないことはやってみる
美しいだけが風景表現ではない
知らないことを知る…ほか

■第四章 冬の白景は凛として佇む……
同じ場所に立つな
飽きたら負けと心得よ
撮らされてると感じたら通いつめろ
本来とは違う季節に撮る意味
光の強弱の考察…ほか

【著者】
萩原史郎、萩原れいこ
【写真】
萩原史郎、萩原俊哉

【Page Sample】