• HOME
  • COSMOS 植田明志 造形作品集

COSMOS 植田明志 造形作品集

COSMOS 植田明志 造形作品集

国内外からオファーの殺到する造形詩人・植田明志、待望の集大成作品集
2021年12月22日発売
B5変型判 192ページ
定価:本体3,400円+税
ISBN 9784768315743

国内外からオファーの殺到する造形詩人・植田明志、待望の集大成作品集

青い夜の憧憬、痛みの魔王、夜になった猫の群れ、トロイメライの車
底の歌、風と歌うライオン、海の音を聴くカロン、毒の海の庭師……

記憶に眠る憧れ、畏怖を形にする造形詩人、植田明志。
待望の集大成作品集。
2014年の「遠すぎるパレード」展から2020年「NATIVE CHILDREN」展までの6個展に及ぶ作品群に加え、企画展覧会への作品群、そして新作「青い夜の憧憬」/「痛みの魔王」と作品にまつわる宝石のような物語を収録。
国内外からオファーの殺到する作家の、7年半に渡る軌跡。

【目次】
●はじめに

●Gallery
青い海の憧憬
痛みの魔王

遠すぎるパレード 2014
EXHIBITIONS 2013-2015
虹の跡 2016
風の祭 2018
EXHIBITIONS 2018
祈跡 –for prayng- 2019
EXHIBITION 2019
ISLAND 2020
NATIVE CHILDREN 2020
EXHIBITION 2020

●作品解説

【著者について】
植田 明志(ウエダ アキシ)
1991年生まれ。
記憶や憧れをテーマに、どこか切なさを感じさせる作品を制作。
幼少のころから美術、音楽、映画に色濃く影響を受け、ポップシュルレアリスムの属性を主軸に、かわいらしいものから、奇妙な巨大生物など、様々なスタイルやモチーフで表現している。
日本での活動をメインにしていたが、2019年に世界アートコンペ「Beautiful Bizarre Art Prize」の彫刻部門で1位を受賞、その後英語圏での活動も本格化し、さらにアジア圏での美術館個展「祈跡」(中国北京)を成功させる。
2021年に脳血管が破裂して入院。目に少し障害が残るが復活。

 【Page Sample】