• HOME
  • イラストでわかる 武士の装束〈サムライファッション〉

イラストでわかる 武士の装束〈サムライファッション〉

イラストでわかる 武士の装束〈サムライファッション〉

平安末期から江戸初期まで、サムライライフの細部が分かる
2021年12月24日発売
B5判 148ページ
定価:本体2,100円+税
ISBN 9784768315705

平安末期から江戸初期まで、サムライライフの細部が分かる

戦国武将といっても常に鎧兜に身を包んでいるわけではない。 本書は平安時代末期から江戸時代初期まで各時代の武士たちの甲冑だけでなくフォーマルからプライベートな装束にも視点を広げ、形状や仕組み、そこから生まれる実際の動きに合わせた装束の動きも解説。また携行した数々の武器の細部と使い方、馬との絡み、居住空間なども紹介。武士を主人公にしたマンガやイラストを志すひとに必携書となる内容、かつ鑑賞用途や歴史的知識を得たいひとにもオススメの書。

【目次】
第一章 平安時代末期~鎌倉時代
第二章 南北朝時代~室町時代中期
第三章 室町後期~戦国時代中期
第四章 戦国時代後期~文禄慶長時代

【著者について】
樋口 隆晴
(ヒグチ タカハル)
1966年東京生まれ。ミリタリー・ライター/編集者。ライターとしては『歴史群像』(ワン・パブリッシング)を中心に戦史・歴史記事多数を寄稿。著書に『戦闘戦史』(作品社)、共著に『武器と甲冑』(ワン・パブリッシング)、『戦国時代の軍師たち』(構成も含む。辰巳出版)などがある。

 【Page Sample】