• HOME
  • 情景ポートレートの撮り方

情景ポートレートの撮り方

情景ポートレートの撮り方

映画のワンシーンのように撮る、仕上げるテクニック
2022年5月25日発売
B5判 160ページ
定価:本体2,000円+税
ISBN 9784768316221

映画のワンシーンのように撮る、仕上げるテクニック

本書は情景と人物をどこかで見た映画のワンシーンのように撮る「情景ポートレート」のヒントをまとめました。心を揺さぶる情景ポートレートはどうすれば撮影できるのか、著者が写真教室で実際に指導している内容を体系的に習得できるようにしました。

Lightroomオリジナルプリセット2種・ダウンロード特典付き

■GALLERY

■序章 人と情景 記憶にリンクする物語

■1章 魅力的に見せるポージング
女性らしさは丸みに宿る。
S字カーブで曲線を生み出す
白目が多くならないようにする
鼻筋で奥の頬を隠す
髪を下ろして小顔を作る …ほか

■2章 情景を感じさせるレンズと構図
余白にこそ情緒が宿る。
情景ポートレートの構図2つのパターン
1 風景的に撮る 背景を決めてから人物を入れる
2 寄って余白をなくす 人物の表情を中心に表現する
広角と望遠の引き写真 …ほか

■3章 情景ライティングの探し方
記憶は光と影で作られる。
昼と夜の間の薄暗い光を探す
薄暗い室内は明るくしない
スポットライトに人物を入れる …ほか

■4章 露出とピント、機材の考え方
情景を伝える技術。
なだらかにボケるF値を選択する
顔の向きでピント面を調整する
暗い室内の撮影はSSで調整する …ほか

■5章 モデルさんとのコミュニケーション6つのヒント
結局のところ、どう向き合ったかが写真に出る。
1 モデルさんとの信頼関係 好感度が高いのは、謙虚な態度。
2 モデルさんの選び方 モデルさん選びは主演女優を探すようなもの。
3 モデルさんを観察する 撮る前から撮影は始まっている。 …ほか

 【著者について】
高橋 伸哉 
(タカハシ シンヤ)
写真作家・フォトグラファー。人物、風景、日常スナップなど、フィルムからデジタルまでマルチに撮影する。作家活動のほか、ライフワークとして海外、国内と旅をしながら旅記事やレンズレビュー記事などの執筆も定期的に投稿。著書に『写真からドラマを生み出すにはどう撮るのか』(インプレス)、共著に『SNS時代のフォトグラファーガイドブック』(玄光社)、がある。SNSのフォロワーは総数45万以上。写真のコミュニティ&学びの場として澤村洋兵氏と共にオンラインサロン「写真喫茶エス」を運営。shinya写真教室随時開催。

【Page Sample】