• HOME
  • 絵本のいま 絵本作家2015-16

絵本のいま 絵本作家2015-16

絵本のいま 絵本作家2015-16

話題の絵本、新しい絵本を中心に、「絵本のいま」を多角的に紹介しています。
2015年6月29日発売
B5判 272ページ
定価:本体2,000円+税
ISBN978-4-7683-0633-8
絵本は時代を映す鏡かもしれない。
新しい絵本、語り継がれる名作。
絵本作家の仕事ファイル。“絵本のいま”。



【内容】
■絵本・このところ■ (執筆:南谷佳世)

飛ぶように過ぎる月日の中で、日々続々と出ている新刊絵本。その中でも特に「絵本のいま」を感じるものを取り上げ、この2年間を振り返ります。

■絵本界の星たち■ (執筆:南谷佳世)
新しく出版される絵本の数は年間千数百冊といわれ、絵本作家をめざす人も増え続けている。そんな中で、時代を超えて読み継がれ、愛される作品がある。時代が変わっても輝きの褪せない名作を残した10人の仕事から、創作の秘密を解き明かす鍵が見つかるかもしれない。

■絵本作家の仕事ファイル■
現在、第一線で活躍する絵本作家200人以上の作品を作家ごとに、プロフィールも含めご紹介します。

■東日本大震災から4年 絵本を通じて支え合う・種を蒔く■ (取材・執筆:南谷佳世) 2011年3月11日、東日本大震災発生。あれから4年、さまざまな形で絵本に関わる人々の被災地支援について聞いた。

■2013-14年絵本デビュー作家にきく!■
2013-14年に初めて絵本を出版された作家に、気になる4つの質問をぶつけました。初めての絵本ができるまでの道のりや影響をうけた作家など、なかなか聞く機会のない声を聞くことができます。

■絵本作家の課外活動■
素晴らしい絵本を手掛ける一方で、イラストレーションやアニメーション、はたまた舞台や展覧会と、多面的な活動をする絵本作家にスポットを当てる。今号では、荒井良二さん、飯野和好さん、ミロコマチコさんにお話を伺いました。作家の創作の源泉を垣間みるインタビュー。

■掲載作家にきく ”2013-14年 この1冊”■
この2年間絵本の作り手たちはどんな絵本を手元に置き、楽しんでいたのでしょうか?気に入った、気になった、何度も読んだ、はたまた自身の最高傑作など、絵本の作り手ならではの多種多様な絵本をご紹介頂きました。

■絵本作りの参考書■  (執筆:南谷佳世)
絵本作家をめざす人が増え続けるこのごろ、絵本の作り方や面白さを伝える「絵本の本」もいろいろ作られている。作家の卵はもちろん、仕事で絵本に関わる人、そして絵本をもっと楽しみたい読者に、きっと役立つ10冊をご紹介します。

■海外/国内絵本賞■
海外、国内で絵本作家・画家たちに贈られる主だった出版賞をまとめました。受賞者・受賞作は、最新の2年間分をとりあげています。(2015年5月末現在)


【Sample Page】

01



03

04