イメージ:イラストレーション 2013年12月号 No.200

イラストレーション 2013年12月号 No.200


2013年10月18日発売 / A4変型 / 定価:本体1,600円+税

  • GENKOSHA STOREで購入
  • Amazonで購入
  • 立ち読み

01

特集:和田誠

イラストレーター・グラフィックデザイナーとして活躍する和田誠さんの60ページに渡る大特集です。 和田さんの膨大な仕事をカテゴリー毎に分け、本人によるコメント付きで紹介します。 また、インタビューでは学生時代の話やライトパブリシティで働いていた時のお話、 そして同社を退社された理由なども語っていただきました。 また糸井重里さんとの対談では、映画のお話や「物をとっておくこと」、イラストレーションについてトーク。 1カ月に及ぶ、仕事場日記も掲載。和田さんの日常が垣間みられる貴重な記録です。 表紙も和田さんによるレイアウトのスペシャルバージョン。今回限りの限定ロゴです。

02

特集:横尾忠則

昨年、今年と2カ所のパーマネント展示施設がオープンした横尾忠則さん。兵庫では県立美術館と横尾忠則現代美術館の2カ所同時で展示開催。青森県立美術館でも展示開催中。「横尾忠則全装幀集」「えほん・どうぶつ図鑑」「日本の作家222」など書籍の刊行も相次いでいます。イラストレーション200号では横尾さんの近況をインタビューつきでたっぷりご紹介します。

03

SHOHEI×河村康輔

注目の二人がイラストレーションに登場! それぞれの作品に加え、二人のユニット「二階調サトシ」の新作を紹介。私生活でも仲良しの二人の対談も掲載します。ボールペン1本のSHOHEIさん、カッター1本の河村さん、二人の道具論は興味深く、必見。

04

イラストレーションを語ろう(聞き手:都築潤)

イラストレーターの都築潤さんが、3人の方々と「イラストレーション」について対談。ご登場頂くのは佐藤直樹さん、永井博さん、師岡とおるさんの3名。イラストレーションの過去、現在、未来について話して頂きました。

05

200号を振り返る

イラストレーション誌は今号で200号を迎えることができました。その記念として、今まで発行した本誌の表紙を全て掲載し、イラストレーションと時代の変遷を追いかけます。


このページのトップへ