ホーム>今月の展覧会

今月の展覧会

スケジュール

  • 更井真理 写真展「DELUSION × のぞき展」

    更井真理 写真展「DELUSION × のぞき展」

    妄想(Delusion)をテーマに、約2年半かけて撮り下ろされた作品。
    昨年5月に出版された写真集「DELUSION」から14点のプリントを展示。

    2020年1月10日〜1月26日BOOK AND SONS

  • 有川典宏 写真展「Comfort/居心地」

    有川典宏 写真展「Comfort/居心地」

    親元を離れ、一人暮らしを始めた女性達を、生活スナップではなく、ポートレイトとして撮影。最先端の匂いの部屋、昭和の匂いの部屋など、それぞれの部屋の光と影、それが醸し出す匂いを捉えた。

    2020年2月14日~2月27日エプソンスクエア丸の内 エプサイトギャラリー

  • 栗原朗 写真展「軌節」

    栗原朗 写真展「軌節」

    鉄道にはどこか人間味を帯びた温もりがある、という作者。点と点をむすぶ線の中にある数々のドラマ、車窓を彩る景色、乗客の姿ひとつひとつにある物語。単なる移動手段としてではなく、季節のグラデーションの中を駆け抜けるその姿を追いかけた。

    ■トークイベント
    日時:2月8日15:00~ 会場:キヤノンギャラリー銀座 入場料無料 ゲスト:長根広和(鉄道写真家)、三村漢(デザイナー)

    2020年2月6日~2月12日(銀座)、3月26日~4月1日(大阪)キヤノンギャラリー銀座・大阪

  • 酒田市土門拳文化賞25周年記念写真展-歴代受賞者による近作展-

    酒田市土門拳文化賞25周年記念写真展-歴代受賞者による近作展-

    酒田市土門拳文化賞25周年を記念し、歴代の受賞者が受賞後の活動の成果を広く発表するため、受賞者による近作展を開催する。出展者39名、一人2点、合計78点を展示する。

    ■出展者(受賞回順)
    金井道子 門脇徹 中村邦夫 前田一朗 太田昭生 池田勲 寺崎知水 高木サダ子 長洋弘 平井純 矢萩和幸 立岡秀之 柴田秀一郎 松本鶴子 佐藤昭夫 姫崎由美 氏家国浩 三栖幸生 堀江柾夫 木村靖子 市川恵美 髙橋ぎいち 小林勝利 大角勝 佐藤一旭 鈴木純平 山本眞弓 森島輝雄 中村明弘 坂巻ちず子 鈴木渉 芦田英次 和田マサ子 齋藤和男 海老名和雄 岡田治 石津武史 上原ゆうこ 清水匡

    写真:岡田治(第23回受賞)「お良さん」

    2020年1月31日~2月13日オリンパスギャラリー大阪

  • 鈴木さや香 写真展「あなたが目を閉じるとき 私の躯を感じるでしょう」

    鈴木さや香 写真展「あなたが目を閉じるとき 私の躯を感じるでしょう」

    「2018年 ある建物が、失くなろうとしていた。建物は、まだ生温かい温度で人々を迎えているようだった…」。建物の最後の1日と、別れを惜しむ人間の姿を追ったドキュメンタリー。

    2020年1月30日~2月5日キヤノンギャラリー銀座

  • 渡部晋也 写真展「継ぐ人々」宝満神社奉納能楽 ~新開能(しんがいのう)~

    渡部晋也 写真展「継ぐ人々」宝満神社奉納能楽 ~新開能(しんがいのう)~

    舞台写真家の作者が、2014年に福岡県みやま市で新開能に出会い、伝承を継いでいく様子に心打たれ、以降4年にわたって奉納公演に出かけている。今回は舞台の建て込みから奉納公演までを追いかける形で構成した。

    ■ギャラリートーク「新開能~伝え継ぐこととは」
    日時:1月25日15:00~ ゲスト:境美近(福岡県指定民俗無形文化財 新開能狂言保存会 会長)

    2020年1月24日~1月29日オリンパスギャラリー東京

  • PHOTOGRAPHERHAL 写真展「TIIDA(ティーダ)」

    PHOTOGRAPHERHAL 写真展「TIIDA(ティーダ)」

    キューバの首都ハバナを新婚旅行で訪れた作者。強烈な太陽の光と、街の熱気。妻のYokoと旧市街を歩き、カフェから聞こえてくる人の声やキューバ音楽が響く中、夢中でシャッターを切った。

    2020年2月4日~ 2月29日ギャラリー冬青

  • 小林キユウ 写真展「drone miniature photo」

    小林キユウ 写真展「drone miniature photo」

    ドローンで海や山の実景を空撮したスチール写真と、ミニチュア人形を組み合わせた今までにない新表現。小林キユウが考案し、2019年2月より制作を開始。その表現方法が注目されている。

    2020年1月29日~2月3日アメリカ橋ギャラリー

  • イシダ マイ 写真展「In a Car Washing Machine」

    イシダ マイ 写真展「In a Car Washing Machine」

    本展では、洗車機の中の視界を体感できるよう、大判プリントの写真を空間いっぱいに展示する。入ったら後戻りできない洗車機の中で身を委ね、刻々と変化する心の動きを表現した。

    2020年1月22日~2月2日Nadar

  • 矢島公雄 写真展「Images drôles」

    矢島公雄 写真展「Images drôles」

    「Images drôles」とは、フランス語で“ちょっと風変わりな”といったニュアンスの「面白い写真」という意味。本展では、目についた取り留めのない物をWitあるPhotographに仕立てた。

    2020年1月19日~1月24日ギャルリーワッツ

  • 原田佳実 作品展「りすだもん」

    原田佳実 作品展「りすだもん」

    2016年に北海道で野生のエゾモモンガ(リス科)と出会い、その可憐でいじらしい姿を追い続ける作者。「リスの仕草や表情から、季節の匂いや森の空気、彼らの魅力を知っていただけたら」と語る。

    ■ギャラリートーク
    1月18日14:00~14:45
    ゲスト:三村漢(デザイナー)
    1月25日14:00~14:45
    予約不要

    2020年1月17日~1月30日ソニーイメージングギャラリー

  • 川口和之 写真展「PROSPECTS Vol.4」

    川口和之 写真展「PROSPECTS Vol.4」

    同シリーズは、当地の歴史性を踏まえ、将来への展望や予兆を写真にすることで見出していく試み。本展では主に関東地方の街を巡り、人々の営みの澱を積み重ねた街の片隅の光景や佇まいを記録した。

    2020年1月11日~1月26日photographers’ gallery

  • 渡部さとる 写真展「紐育 2001年7月」

    渡部さとる 写真展「紐育 2001年7月」

    2001年7月、ニューヨークを訪れ、町を歩き、幸せな空気を写真に収めた。2ヵ月後、町の様子は一変する。その直前の「緩く陽気でお人好しな空気は、不思議と写真に写っている」と作者は語る。

    2020年1月8日~2月1日ギャラリー冬青

  • ソール・ライター 写真展「”SAUL LEITER – LANESVILLE, 1958″」

    ソール・ライター 写真展「”SAUL LEITER – LANESVILLE, 1958″」

    「カラー写真のパイオニア」と呼ばれる写真家、ソール・ライター。東京会場ではカラーで撮影されたヌード作品を中心に、同時期に撮影されたファッション・テストの作品を日本初公開で展示する。京都会場ではモノクロで撮影されたヌード作品と、1970年代に自らの写真にガッシュなどで描画を施したミックスドメディアの作品を展示する。

    ■開催日程
    東京会場:2019年12月6日~2020年3月1日
    京都会場:2019年12月7日~2020年3月5日

    ライカギャラリー東京・京都

  • 奈良原一高「人間の土地/王国 Domains」展

    奈良原一高「人間の土地/王国 Domains」展

    1950年代に新しい写真表現として話題をさらった初個展「人間の土地」と、第2回個展「王国」を展示する。2部作形式で発表された2つのシリーズは、外的、内的要因で隔絶された場に生きる人々を捉えたパーソナル・ドキュメントで、本展では1部毎17点、合計68点(すべてモノクロ)を展示する。

    2020年1月6日~2月2日JCII フォトサロン

  • 世界のブックデザイン2018-19

    世界のブックデザイン2018-19

    2019年3月に開催された「世界で最も美しい本コンクール」の入選図書11点に、7ヵ国(日本、ドイツ、オランダ、スイス、オーストリア、カナダ、中国)のコンクール入選図書を加えた約170点を展示する。また、日本とオーストリアの国交樹立150周年を記念し、これまでの受賞図書の中から厳選したオーストリアの本20点を紹介する。期間中、トークショーや製本ワークショップなど、併催イベント多数(詳細はイベントページに記載)。

    2019年12月14日~2020年3月29日印刷博物館 P&Pギャラリー

  • 濱田祐史 作品展「K」

    濱田祐史 作品展「K」

    本展のタイトル「K」は、印刷で使用する四つの原色である、C(シアン)、M(マゼンタ)、Y(イエロー)、K(キー・プレート)の「K」、そして、色温度を示すケルビンの「K」。この二要素を写真に変換するため、白黒とカラーのネガそれぞれで同じ光景を撮影し、一枚の印画紙にプリントした。

    ■トークイベント
    1月18日16:00~
    ゲスト:小高美穂(キュレーター)
    定員30名、参加費500円(要予約) 詳細はこちら

    2019年12月12日~2020年2月5日PGI

  • 中野正貴 写真展「東京」

    中野正貴 写真展「東京」

    本展は、“東京三部作”といわれる代表作を中心に、新作・未発表作で構成した集大成展。巨大都市の変わりゆく表情を作者独自の視点でとらえた「東京」を約100 点の作品で展覧する。

    写真:Higashi-azabu, Minato-ku, 2004 ©Masataka Nakano

    2019年11月23日~2020年1月26日東京都写真美術館

  • 小瀧達郎 写真展「LABYRINTH 水の迷宮 ヴェネツィア」

    小瀧達郎 写真展「LABYRINTH 水の迷宮 ヴェネツィア」

    同ギャラリー「2019ヴェネツィア年」写真展の第3弾。ヴェネツィアの虜になった作者が、14年ぶりに同地を訪れ、2016年~2019年の4年間をかけて撮影。モノクロ作品約50点を展示する。

    2019年11月20日~2020年2月15日gallery Bauhaus

  • 「世界のクリエイティブがやってきた!2019」展

    「世界のクリエイティブがやってきた!2019」展

    ロンドン、カンヌ、ニューヨークの世界を代表するクリエイティブ・アワードから、最新のデザインや広告を紹介する。

    ■展示スケジュール
    第1弾「THE ONE SHOW」
    2019年10月12日~11月30日
    第2弾「D&AD Awards 2019」
    2019年12月7日~2020年1月25日
    第3弾「CANNES LIONS 2019」
    2020年2月1日~3月21日

    2019年10月12日~2020年3月21日アドミュージアム東京

このページのトップへ