ホーム>今月の展覧会

今月の展覧会

スケジュール

  • 蓮井幹生 写真展「光の画」

    蓮井幹生 写真展「光の画」

    ブラインドを通して部屋に差し込む光を写したアブストラクト作品「光の画」の他、過去約10年の間に撮影された作品をランダムに展示する。

    2018年4月28日〜5月20日BOOK AND SONS

  • 鈴木 親 写真展「晴れた日、東京」

    鈴木 親 写真展「晴れた日、東京」

    これまでの作品群から花、東京の⾵景、ポートレイト等、約 30 点をセレクトする。ディレクションのもとに撮影した写真とスナップを取り混ぜ、また未発表の作品も展⽰される。

    2018年4月21日〜6月2日KOSAKU KANECHIKA

  • 上田義彦「68th Street 光の記憶」展

    上田義彦「68th Street 光の記憶」展

    上田義彦が白い紙を舞台に光を表現した、ゼラチンシルバープリント作品約60点を展覧いたします。併設の展示室 Gallery 916 small では映像作品(約30min)の特別上映も行なう。4月下旬には同名新作写真集を刊行する。
    【トークセッション&ブックサイニング】
    4月21日(土)15:00〜16:30
    上田義彦 × 清水穣(美術評論家)
    4月28日(土)15:00〜16:30
    上田義彦 × 菅付雅信(編集者)

    上田義彦氏が白い紙を舞台に光を表現した、ゼラチンシルバープリント作品約60点を展示する。併設の展示室 Gallery 916 small では映像作品(約30min)も特別上映。4月下旬には同名新作写真集を刊行される。

    【トークセッション&ブックサイニング】

    4月21日(土)15:00〜16:30

    上田義彦 × 清水穣(美術評論家)

    4月28日(土)15:00〜16:30

    上田義彦 × 菅付雅信(編集者)

    2018年4月21日~ 5月20日Gallery 916

  • 内藤啓介・守矢 努 展覧会「WELcome to Florida CHINGCAME/ILA.」

    内藤啓介・守矢 努 展覧会「WELcome to Florida CHINGCAME/ILA.」

    フォトグラファー内藤啓介とステンシルアーティスト守矢努氏によるコラボレーションを作品を展示する。

    かつて成功としての象徴だった華やかな街やモノが時代の流れにより物悲しい死を想起させる景色に変化してゆく。

    その景色の向こう側には新たな生命の匂いを感じ取ることができる。同世代、アメリカンカルチャーに影響を受けてきた2人による展覧会。

    2018年4月17日〜4月22日TRUNK (HOTEL)

  • 岡田敦展覧会 「ユルリ島の野生馬」

    岡田敦展覧会 「ユルリ島の野生馬」

    かつて「馬の楽園」といわれた北海道根室沖に浮かぶユルリ島を撮影した。
    これまで道外ではあまり知られる機会なかったこの島を
    北海道命名から150年の節目となる今年、関東で初めての発表する。

    かつて「馬の楽園」といわれた北海道根室沖に浮かぶユルリ島を撮影した。
    これまで道外ではあまり知られる機会なかったこの島を
    北海道命名から150年の節目となる今年、関東で初めての発表する。

    2018年4月13日〜 6月24日ESPACE KUU 空(大正大学)

  • 第33回 写真の町東川賞 新人作家賞受賞作家 野村佐紀子 作品展

    第33回 写真の町東川賞 新人作家賞受賞作家 野村佐紀子 作品展

    【トークイベント】
    野村佐紀子×写真の町東川賞審査会委員 上野修
    日時:4月7日(土)17:00-18:00
    場所:ハッセルブラッド ストア 東京
    予約不要・入場無料

    第33回東川賞 新人作家賞受賞作家、野村佐紀子氏の作品を展示する。

    【トークイベント】

    野村佐紀子×写真の町東川賞審査会委員 上野修

    日時:4月7日(土)17:00-18:00

    場所:ハッセルブラッド ストア 東京

    予約不要・入場無料

    2018年3月26日〜4月9日ハッセルブラッド ストア 東京

  • YASUNARI KIKUMA 写真展「Plain」

    YASUNARI KIKUMA 写真展「Plain」

    撮影舞台は昨年8月に惜しくも閉館してしまった栃木県のリゾートホテル「二期倶楽部」。

    普段、風景写真などはあまり撮影しないKIKUMA氏だが、いつからか自然と「二期の森」のポートレートを撮るようになっていたいう。

    3月20日〜5月12日ギャラリー册

  • ハッセルブラッドジャパン ローカルアンバサダーロレンツォ・バラッシ写真展「 Recurrence – 回帰 」

    ハッセルブラッドジャパン ローカルアンバサダーロレンツォ・バラッシ写真展「 Recurrence – 回帰 」

    ローカルアンバサダーフォトグラファー、ロレンツォ・バラッシによる、
    ポートレイト写真展示会
    ハッセルブラッドのローカルアンバサダーフォトグラファー、ロレンツォ・バラッシ氏による、ポートレイト写真展示会。
    文化的知性、創造力に満ち溢れていた80年代。
    バラッシ氏がインスピレーションを受けるその時代に、モードシーンを彩った稀代な表現者、山口小夜子氏を回想し80年代ファッションフォトグラフィーを再現する。

    2018年4月25日~5月9日ハッセルブラッドストア

  • 伊藤桂司×高橋恭司 2人展「間 | あいだ | すでにあるものといまだないもの。」 Keiji to Kyoji / Kyoji to Keiji

    伊藤桂司×高橋恭司 2人展「間 | あいだ | すでにあるものといまだないもの。」 Keiji to Kyoji / Kyoji to Keiji

    伊藤桂司と高橋恭司氏の新作をはじめ、初コラボレーション作品も展示する。

    ◎トークイベント

    伊藤桂司トークショウ「すでにあるものといまだないもの。」
    聞き手: 久米泰弘 (書籍編集者)
    4月6日(金) 19時より ※入場料1,200円 (1ドリンク付)
    高橋恭司トークショウ「すでにあるものといまだないもの。」
    聞き手: 久米泰弘 (書籍編集者)
    4月13日(金) 19時より ※入場料1,200円 (1ドリンク付)
    伊藤桂司 × 高橋恭司トークショウ「伊藤桂司と高橋恭司の『あいだ』」
    聞き手: 久米泰弘 (書籍編集者)
    4月20日(金) 19時より ※入場料1,500円 (1ドリンク付)
    ※全3回通し券3500円

    1)伊藤桂司トークショウ「すでにあるものといまだないもの。」

    聞き手: 久米泰弘 (書籍編集者)

    4月6日(金) 19時より ※入場料1,200円 (1ドリンク付)

    2)高橋恭司トークショウ「すでにあるものといまだないもの。」

    聞き手: 久米泰弘 (書籍編集者)

    4月13日(金) 19時より ※入場料1,200円 (1ドリンク付)

    3)伊藤桂司 × 高橋恭司トークショウ「伊藤桂司と高橋恭司の『あいだ』」

    聞き手: 久米泰弘 (書籍編集者)

    4月20日(金) 19時より ※入場料1,500円 (1ドリンク付)

    ※全3回通し券3500円

    2018年3月31日~4月22日TETOKA

  • Kazuhisa Maruyama + Ayano Kawasaki 「rua」

    Kazuhisa Maruyama + Ayano Kawasaki 「rua」

    タイトルのruoは、ニュージーランドの言葉 マオリ語で“2” を意味する。
    秘密の場所へと出かける2人のカメラマンによる2つの視点。
    全てを包み込む神秘的な大地に立ち、ファインダーの先に拡がる偶然を、
    呼吸をするように切り取った。

    タイトルのruoは、ニュージーランドの言葉 マオリ語で“2” を意味する。

    全てを包み込む神秘的な大地に立ち、ファインダーの先に拡がる偶然を2人のフォトグラファーによる2つの視点で、呼吸をするように切り取った。

    2018年3月27日〜4月1日Tokyo Arts Gallery

  • 上杉敬写真展 「INFINITY 島倉千代子」

    上杉敬写真展 「INFINITY 島倉千代子」

    デビュー45 周年記念カレンダーと、写真集(未発表)の為に1998 年に特別撮影された写真を展示する。

    同時に、植物と人物(ヌード)を同じ視点でとらえた「NAKED」や貴重な富山製作所のフィルムカメラ・アートパノラマで東京とニューヨークを撮影した作品「TOKYO & NEW YORK 6X24」も展示される。


    2018年4月6日~5月6日白鷹町文化交流センターあゆーむ ギャラリー

  • かくたみほ 写真集「光の粒子」出版記念展

    かくたみほ 写真集「光の粒子」出版記念展

    2月26日発売の新刊写真集出版に併せて「光の粒子」展を開催する。

    1st写真集「あふるる」の続編となる本作。ポイントは生命体が生きていく上でなくてはならない「光」。光溢れるものもあれば、影に光の差した暗部の多い写真もセレクトされている。“いろんなモノと対話した、10年分のベストショット”だという。

    【トークイベント】
    3月3日(土)12:30〜13:30トークイベント&サイン会(参加費500円)

    【トークイベント】3月3日(土)12:30〜13:30トークイベント&サイン会(参加費500円)

    2018年2月21日〜3月4日京橋 72gallery(TOKYO INSTITUTE OF PHOTOGRAPHY内)

  • ハービー・山口 写真展「LAYERED」

    ハービー・山口 写真展「LAYERED」

    「被写体と写り込みとの組み合わせによる絵」で構成された同名写真集の発売を記念して展覧会を開催する。

    【オープニングレセプション&サイン会】
    2018年2月16日(金)20:00〜21:30

    2018年2月17日〜2月25日BOOKMARC(ブックマーク)

  • monochrome XVI 「Landscape」

    monochrome XVI 「Landscape」

    45名の写真家によるモノクローム表現でのランドスケープフォトを展示する。

    参加写真家(45名)五十音順
    浅田隆一郎、稲垣雅彦、エドワード・レビンソン、大坂 寛、織作峰子、加藤法久、加納 満、亀山 仁、木村直人、桑原史成、酒井久美子、佐藤 理、佐藤 真、杉山宣嗣、鈴木英雄、大門美奈、多木和夫、竹内英介、達川 清、谷 雄治、中川十内、中島秀雄、中道順詩、中村征夫、永嶋勝美、長嶋正光、南雲暁彦、沼田早苗、萩原佳一、HASEO、英 伸三、ハービー・山口、BAKU齋藤、原 直久、HARUKI、広川泰士、福原 毅、藤井英男、細谷秀樹、舞山秀一、松田敏美、南川三治郞、山口一彦、山田愼二、渡邉 肇。

    2018年2月6日〜 3月10日ギャラリー E&M 西麻布 

  • 高橋和海 写真展 「Eternal Flux」ー 行く水の流れ ー

    高橋和海 写真展 「Eternal Flux」ー 行く水の流れ ー

    ラ イフワークである宇宙の営みの視覚化に取り組んだ高橋和海の写真展。

    2018年1月9日〜3月10日ブリッツ・ギャラリー

  • 千賀健史 写真展「Suppressed Voice」

    千賀健史 写真展「Suppressed Voice」

    イ ンドの学歴社会やカースト問題に直面する少年たちをテーマにした「Bird, Night, and then」で、第16回写真「1_WALL」グランプリを受賞した千賀健史の展覧会。

    2018年1月30日〜2月16日ガーディアン・ガーデン

  • フランク ホーヴァット写真展「Un moment d’une femme」

    フランク ホーヴァット写真展「Un moment d’une femme」

    1950年代、ファッション・フォトの黄金期を担った写真家フランク ホーヴァット。本展では代表作やジャーナリズム色の強い初期作品、プライベートな写真までを「女性」という切り口で展示する。

    2018年1月17日〜2月18日シャネル・ネクサス・ホール

  • 鈴木理策 写真展「Water Mirror」

    鈴木理策 写真展「Water Mirror」

    昨年刊行された鈴木理策の同名作品集に焦点を当て、オリジナルプリントの鮮やかな色調が印刷によってどのように再現されたのか明らかにする。

    2018年1月20日〜2月24日CASE TOKYO

  • 野村恵子 写真展「OKINAWA」

    野村恵子 写真展「OKINAWA」

    昨年11月にポルトガルの出版社Pierre von Kleist editions から出版された写真集「OKINAWA」に新作を加え発表する。野村が沖縄を撮って今年で20年目。「今を生き、目の前にある沖縄」を写し続ける。

    2018年2月7日〜 3月11日POETIC SCAPE

  • 磯貝陽一・小杉幸一・政近 遼 展覧会「ドーナッツを置きたくなる(TOPNOTCH LUNCHEON MATS FOR DONUTS) 展」

    磯貝陽一・小杉幸一・政近 遼 展覧会「ドーナッツを置きたくなる(TOPNOTCH LUNCHEON MATS FOR DONUTS) 展」

    味の魅力に加え、ドーナツ特有のあの形状に何らかの情報を加えることで、より楽しんでもらえないか? クリエイティブディレクター磯貝陽一氏、アートディレクター小杉幸一・フォトグラファー政近 遼氏の3名がドーナツをテーマにした展覧会を行なう。

    2018年2月9日〜18日HocusPocus

このページのトップへ