ホーム>今月の展覧会

今月の展覧会

スケジュール

  • resist写真塾 10期生修了展「脈」

    resist写真塾 10期生修了展「脈」

    塾長 吉永マサユキ氏と特別講師 森山大道氏による写真塾「レジスト写真塾」の10期生12名による修了展。約10ヶ月に渡り、この塾で学び、実践、体感してきたことを脈々と連なり続いてゆくという想いを込めた。


    大西正/伊藤楚笛/井土英郎/サトウアユム/佐藤拓未/田尻光隆/中野陽介/福田直記/三橋康弘/山内貴元/吉田幸平/渡辺祥夫


    レセプションパーティー

    2016年6月25日(土)18:00〜20:00

    塾長 吉永マサユキ氏と特別講師 森山大道氏による写真塾「レジスト写真塾」の10期生12名による修了展。約10ヶ月に渡り、この塾で学び、実践、体感してきたことを脈々と連なり続いてゆくという想いを込めた。

    大西正/伊藤楚笛/井土英郎/サトウアユム/佐藤拓未/田尻光隆/中野陽介/福田直記/三橋康弘/山内貴元/吉田幸平/渡辺祥夫

    6月20日~ 7月3日好文画廊

  • ケイオガタ写真展「Portrait-From the series of assignment」

    ケイオガタ写真展「Portrait-From the series of assignment」

    広告・雑誌の第一線で活躍するフォトグラファー、ケイオガタ。ライカSシステム、ライカM9、M6を使用しニューヨークなどで撮影したモノクロポートレート10点と、ライカSシステムで撮影した企業広告写真の1m×1.5mの大判プリント4点を展示。


    ©Kei Ogata

    開催中~7月23日ライカプロフェッショナルストア東京

  • 山田博行写真展「CABIN」

    山田博行写真展「CABIN」

    世界の雪山やアラスカの森に滞在する経験を重ねてきた写真家・山田博行が、自身のの記憶に残る山小屋の窓から見える景色を撮影。それぞれの山小屋の窓の風景体験こそが、その空間や時間の記憶につながり、それらの記憶をたどり、記憶から景色を描写したいという思ったという。

    世界の雪山やアラスカの森に滞在する経験を重ねてきた写真家・山田博行が、自身のの記憶に残る山小屋の窓から見える景色を撮影。それぞれの山小屋の窓の風景体験こそが、その空間や時間の記憶につながり、それらの記憶をたどり、記憶から景色を描写したいという思ったという。

    2016年2月24日〜3月10日ソニーイメージングギャラリー 銀座

  • 広川泰士写真展「光の時像 Images of Lights, Suspended in Time」

    広川泰士写真展「光の時像 Images of Lights, Suspended in Time」

    止まることのない波や風。それに反射する陽光と月光。それらが描き出す光の線画を「時の経過」として表現した作品を展示する。

    【オープニングレセプション】
    2016年2月26日18:00〜

    【オープニングレセプション】

    2016年2月26日18:00〜

    2016年2月26日〜3月17日tokyoarts gallery

  • 広川泰士写真展「TIMESCAPES 2016 – 無限旋律 2016 -」

    広川泰士写真展「TIMESCAPES 2016 – 無限旋律 2016 -」

    世界中の砂漠で、8×10の大型カメラを用いて地球の鼓動を撮影してきた広川泰士。富士山を題材にした新作と共に、「TIMESCAPES」プロジェクト20年余の軌跡を展示する。

    世界中の砂漠で、8×10の大型カメラを用いて地球の鼓動を撮影してきた広川泰士。富士山を題材にした新作と共に、「TIMESCAPES」プロジェクト20年余の軌跡を展示する。

    2016年1月8日〜3月26日Espace KUU空

  • 枦木功 写真展「あなノなかノあな」

    枦木功 写真展「あなノなかノあな」

    若手フォトグラファーの枦木功が展覧会を開催する。本展では枦木氏自身の家族を通し、自身の内面に迫る作品を発表する。

    【オープニングレセプション】

    2016年2月5日19時~21時30分

    2016年2月5日~2月14日TRIP ROOM

  • 岡田敦 写真展「1999」

    岡田敦 写真展「1999」

    第33回木村伊兵衛写真賞受賞作家・岡田敦が学生時代に制作した未発表写真集を、最新の印刷技術で蘇らせた写真集『1999』。その発売を記念した写真展を開催する。展示パネル(アクリルボードパネル)は、写真集の印刷を手掛けたナガトモ(デパ帳)が担当。
    【岡田敦 トークショー】
    日時:2016年1月9日(土) 17:00〜18:30
    会場:B GALLERY
    ゲスト : 土田ヒロミ (写真家)
    ※予約定員制 : 先着20名様(予約はB GALLERYまで)
    (C)岡田敦

    第33回木村伊兵衛写真賞受賞作家・岡田敦が学生時代に制作した未発表写真集を、最新の印刷技術で蘇らせた写真集『1999』。その発売を記念した写真展を開催する。展示パネル(アクリルボードパネル)は、写真集の印刷を手掛けたナガトモ(デパ帳)が担当。

    ©岡田敦

    2016年1月9日〜27日B GALLERY

  • 角田明子写真展「ノルウェーのサンタさんを訪ねて」

    角田明子写真展「ノルウェーのサンタさんを訪ねて」

    真夏のコペンハーゲンで行なわれる『世界サンタクロース会議』。

    サンタクロース達に密着して撮影した作品群を発表する。

    今年は大阪でも展示を開催。

    【大阪 展示】

    角田明子写真展「サンタさんinOSAKA」

    2015年12月11日(金)〜25日(金)12:00〜19:00

    SAAギャラリー

    http://saa-studio.com/post/133402984866/santa

    2015年12月15日〜12月25日GALLERY MUVEIL

  • Jorgen Axelvall 写真展「OIDE」

    Jorgen Axelvall 写真展「OIDE」

    ポラロイドでの作品作りを続けてきたJorgen Axelvallの最新シリーズ。母親が子どもに向かってかける「おいで」という言葉をイメージし、見る人が写真の近くに寄ってそこにある秘密を見つけてほしいという意図があるという。

    2015年12月1日〜2016年1月29日スウェーデン大使館

  • 上田義彦 写真展「Materia 2015」

    上田義彦 写真展「Materia 2015」

    上田氏が30年にわたって撮影を続けてきたシリーズの最新作。海中や木々など地球上の『生命を生む力』を表現した作品約30点を展示する。インドネシア・パタゴニア両地で撮影した新作や最大約2メートルの大型パネル作品も見どころ。
    【ギャラリートーク】
    11月14日(土)16時〜 @キヤノンギャラリーS
    申し込み:Webサイトから
    定員:先着50名
    参加費:無料

    上田氏が30年にわたって撮影を続けてきたシリーズの最新作。海中や木々など地球上の『生命を生む力』を表現した作品約30点を展示する。インドネシア・パタゴニア両地で撮影した新作や最大約2メートルの大型パネル作品も見どころ。

    【ギャラリートーク】

    11月14日(土)16時〜 @キヤノンギャラリーS

    申し込み:Webサイトから

    定員:先着50名

    参加費:無料

    2015年11月14日~12月12日キヤノンギャラリー S(品川)

  • Union presents Piczo exhibition “BEDROOM”

    Union presents Piczo exhibition “BEDROOM”

    自身のベッドルームで、300人ものモデルのポートレイトを撮影してきたというpiczo。雑誌「Union」がキュレーターとなり、撮りためた作品に新作を加えたpiczo初の写真展を開催する。

    自身のベッドルームで、300人ものモデルのポートレイトを撮影してきたというpiczo。雑誌「Union」がキュレーターとなり、撮りためた作品に新作を加えたpiczo初の写真展を開催する。

    【piczo×HIROYUKI KUBO(Union編集長)×百々千晴(スタイリスト)トークショー】
    10月9日(金)19:30〜

    2015年10月9日〜10月14日AL

  • 進藤裕光 写真展「Yuko Shindo:Vibration」

    進藤裕光 写真展「Yuko Shindo:Vibration」

    光・風・大地の気を感じながら日々生きていることに感謝し、静かに対象を見つめるという進藤裕光。穏やかで優しい時の流れを感じる写真展。同名の写真集も発売される。

    光・風・大地の気を感じながら日々生きていることに感謝し、静かに対象を見つめるという進藤裕光。穏やかで優しい時の流れを感じる写真展。同名の写真集も発売される。

    2015年10月9日〜10月30日市兵衛町画廊

  • 写写写. (さんしゃ展)

    写写写. (さんしゃ展)

    六本木に以前あった老舗の撮影スタジオ、アートセンター。その出身フォトグラファー30人が集まり、1人3点構成の写真を展示する。
    出展者(五十音順)
    圷邦信、阿部良幸、アライテツヤ、伊田淑乃、大屋徳亮、小川勝久、小島由起夫、七戸隆弘、城ノ下俊治、高田浩行、高橋義太郎、田里弐裸衣、道城修、長坂芳樹、長嶋正光、平尾秀明、平林千鶴、藤田浩司、藤田修平、藤巻剛、藤森信一、本間寛、SHIN MATSUI 、松尾成美、松木修、AMIY MORI、森博之、安田知樹、渡辺勝人

    六本木に以前あった老舗の撮影スタジオ、アートセンター。その出身フォトグラファー30人が集まり、1人3点構成の写真を展示する。


    出展者(五十音順)

    圷邦信、阿部良幸、アライテツヤ、伊田淑乃、大屋徳亮、小川勝久、小島由起夫、七戸隆弘、城ノ下俊治、高田浩行、高橋義太郎、田里弐裸衣、道城修、長坂芳樹、長嶋正光、平尾秀明、平林千鶴、藤田浩司、藤田修平、藤巻剛、藤森信一、本間寛、SHIN MATSUI 、松尾成美、松木修、AMIY MORI、森博之、安田知樹、渡辺勝人

    2015年9月18日〜9月20日spaceEDGE

  • 君塚裕作品展「Beautiful Moment First Still Motion Exhibition」

    君塚裕作品展「Beautiful Moment First Still Motion Exhibition」

    フィルムからデジタルへ移行した現代。往年の巨匠たちが展開した表現の延長上にいながら、その自由度や可能性は大きく広がっている。その中でも、卓越したデジタル技術による画像処理と独自のライティング技術を大胆に取り入れた、斬新でスタイリッシュな写真表現で今最も注目されているフォトグラファーが君塚裕氏だ。往年の巨匠たちのように心を揺さぶる作品展。大型4Kテレビと4Kプロジェクターによる動画上映、それと対となる大型プリントも展示する。

    フィルムからデジタルへ移行した現代。往年の巨匠たちが展開した表現の延長上にいながら、その自由度や可能性は大きく広がっている。

    その中でも、卓越したデジタル技術による画像処理と独自のライティング技術を大胆に取り入れた、斬新でスタイリッシュな写真表現で今最も注目されているフォトグラファーが君塚裕氏だ。往年の巨匠たちのように心を揺さぶる作品展。

    大型4Kテレビと4Kプロジェクターによる動画上映、それと対となる大型プリントも展示する。

    2015年9月18日〜10月15日ソニーイメージングギャラリー銀座

  • 髙橋恭司×たかはしじゅんいち 写真展 「不可視の真実・可視な嘘」

    髙橋恭司×たかはしじゅんいち 写真展 「不可視の真実・可視な嘘」

    コマーシャルフォトの世界に身をおいてきた二人の写真家による『都市と身体性』をテーマとした二人展。期間中の10月10日(土)には、それぞれの作品についての写真家本人の肉声を聞けるトークイベントも予定されている。
    【髙橋恭司×たかはしじゅんいち クロストーク】
    2015年10月10日(土)午後3時~ 会場=髙島屋日本橋店6階美術画廊X

    コマーシャルフォトの世界に身をおいてきた二人の写真家による『都市と身体性』をテーマとした二人展。期間中の10月10日(土)には、それぞれの作品についての写真家本人の肉声を聞けるトークイベントも予定されている。

    【髙橋恭司×たかはしじゅんいち クロストーク】

    2015年10月10日(土)午後3時~ 会場=髙島屋日本橋店6階美術画廊X


    【巡回展】2015年11月25日〜12月 7日 髙島屋新宿店10階美術画廊


    ©Junichi Takahashi

    2015年10月7日〜10月26日髙島屋日本橋店6階美術画廊

  • 吉田裕之 写真展「和美写美|WABIshabi」

    吉田裕之 写真展「和美写美|WABIshabi」

    江戸時代流行の発信地だった遊郭・新吉原。もはや伝承や写真、浮世絵などから覗くことしかできなくなってしまった御伽の国をフォトグラファーの吉田裕之が再現した写真展。

    2015年9月8日〜 10月2日ハッセルブラッド・ジャパン ギャラリー

  • 高橋マナミ写真展「TRILL」

    高橋マナミ写真展「TRILL」

    日立市で鋼材加工業を営み、昨年創業50周年を迎えた『相鐵』の工場を舞台に、職人たちが高温の炎や鋭い刃を使い危険と隣り合わせで加工していく過程を、隣り合った二つの音を交互に素早く演奏することを意味する音楽用語「TRILL」になぞらえ撮影した作品。作品の舞台となった日立市のカフェで開催される。

    2015年9月4日〜 9月27日オキーフと三春

  • 人像 写真家と彫刻家によるコラボレーション展 Part.1 FORM<形態>

    人像 写真家と彫刻家によるコラボレーション展 Part.1 FORM<形態>

    安易を切り捨て、常に新しい挑戦を続ける写真と彫刻のコラボレーション展「人像」。第一回目は、写真家須崎祐次と彫刻家額賀苑子のコラボレーションとなる。リアリズムとエロティシズムを対比させた須崎の写真と、既成概念の不確かさを示す額賀の彫刻とが織りなす「具象と官能」、「抽象と生」の世界。

    2015年9月2日〜 10月3日EMON PHOTO GALLERY

  • Munetaka Tokuyama「01」

    Munetaka Tokuyama「01」

    20年近く暮らしていたNYから日本にベースに移したMunetaka Tokuyama。NYの日常で撮りためたパーソナルな作品を展示する個展『01』を、三宿のギャラリース
    ペース「ソノ アイダ #1」で開催。従来のフォトエキシビジョンのフォーマットとは異なるユニークな展示方法に注目。

    2015年6月19日〜6月28日ソノ アイダ

  • TATSURO写真展「limited color 〜 80カ国渡航の旅手帖〜」

    TATSURO写真展「limited color 〜 80カ国渡航の旅手帖〜」

    3年をかけ80か国を短期バックパッカーとして歩き渡り、153の市町村を訪れたTAKURO氏。南米とアジア、中欧を中心に、それぞれの町や村が持つ色とその土地の人々の肌の相応性を捉えた作品を展示する。

    2015年6月18日〜6月24日キヤノンギャラリー銀座

このページのトップへ