• HOME
  • もようのゆらい

もようのゆらい

もようのゆらい

もようには、さまざまなゆらいがある
2019年8月29日発売
A5判型 192ページ
定価:本体2,500円+税
ISBN:978-4-7683-1220-9


もようには、さまざまなゆらいがある

水玉、しましま、格子……私たちの生活のいたるところで見かける“もよう”にはそれぞれなまえがついていて、その背景には実にさまざまな物語やメッセージが隠されています。この本では野瀬奈津子さんの体験から生まれた新たな気づきに富んだ文章と、はっと目に飛びこんでくるビビッドでモダンな千海博美さんの絵で、そんな「もようのゆらい」をご紹介します。

 多くのもようは「めでたさ」を表現したもの、「季節」を象徴するもの、「願い」をこめたものに分けられます。一見、いかにも日本らしいと思えるもようでも、実は世界共通だったり、はるか遠い国や時代に起源をもっていたり、なかには日本独自の解釈で意味づけられたものも。それらは茶道具をはじめとした美術品、あるいは日常の道具に繰り返し描かれ、いわば一種の暗号のように機能し、言葉では伝えきれない、あるいは伝わらない思いをそこに託してきました。なかには、何気なくつかっていたもように知らなかった意味や物語が潜んでいるかもしれません。もし、送り手、受け手の双方が、もようにこめられたメッセージを言葉を介さずに読み解けたらば、なんとも粋なやりとりになるに違いありません。ゆらいを知ることは、その背後にあるメッセージを読み解くことでもあるのです。

 私たちの周りにあるたくさんのもようには、呼び名があって、ゆらいがある。その季節や背景、意味を知ることで、自分らしい解釈で、今まで以上にもようを楽しめるはずです。



<本書で紹介する“もようのゆらい”一覧>

【1:草木】青楓・紅葉/葦/梅/梶の葉/唐草/菊/桐/笹/早蕨/四君子/水仙/莨の葉/木賊/葡萄/芙蓉手/牡丹/松/麦藁手
【2:人・いきもの】荒磯/鱗/唐子/雁/蝙蝠/獅子・唐獅子/千鳥/蝶/鶴/虎/南蛮人/花喰鳥/鳳凰/布袋
【3:道具】網/糸目/鉋目/御所車/独楽/注連縄/扇面/宝尽/壺々/鳴子/熨斗/檜垣/瓔珞
【4:造形】屈輪/源氏香/暦手/紗綾形/七宝
【5:情景・物語】三番叟/都をどり/八橋/柳橋
【6:自然・風景】秋草/渦/雲堂手/山水文/塩釜/竜田川/波/花筏/吹寄/蓬莱山/松島/水/武蔵野/虫喰/雪
【付録:色・ニュアンス】染付/絞手/色絵/赤絵/青磁/鉄絵/織部/三彩/竹/木と漆
*そのほか、本書のつかい方、さくいん(Index)、キーワード解説も。



<作者プロフィール>

野瀬奈津子(Nose Natsuko)

編集者・ライター。旅と茶道をテーマにした書籍や雑誌の企画・編集・執筆を手がける。実家の茶道具屋の仕入・企画担当としても修業中。近著に『タラブックス インドのちいさな出版社、まっすぐに本をつくる』(玄光社)、『持ち帰りたいインド』(誠文堂新光社)がある(いずれも共著)。

千海博美(Chikai Hiromi)
イラストレーター。版木へ着色して彫る手法で作品を制作。書籍、広告などの分野で活動中。「アミュプラザ長崎」(JR九州)CM・メインビジュアル、 『宮沢賢治コレクション』(筑摩書房)表紙装画・挿絵、NHKテキスト『まいにち中国語』表紙装画(NHK出版)など。







【Page Sample】