2010.10.20

亀井絵里さん&道重さゆみさんのインタビューを公開

亀井絵里さん&道重さゆみさんのインタビューを公開

フォトテクニックデジタル11月号の表紙と巻頭グラビアを飾った亀井絵里さん&道重さゆみさん(モーニング娘。)のインタビューを、本誌では載せきれなかったロングバージョンで掲載します。

interview02_PD11_2010

今月の表紙と巻頭グラビアを飾るのは、モーニング娘。の中でもとりわけ仲のいい2人、亀井絵里さんと道重さゆみさん。

-本誌で“表紙が2人”というのは、今回が初めてなんだよ。

亀井(以下、亀)「すっごい、嬉しかったです!」
道重(以下、道)「テンション上がったよね! スケジュール表を見た時」
「スケジュール表をぱっと見て、『道重・亀井』って入ってて…」
「めっちゃ喜んだよね~」
「初めてだもんね、2人って。しかも、表紙をやらせてもらえるなんて…」
「意外とこの組み合わせってないんですよね。お仕事というよりは、ただの仲のいい友だちみたいになってしまうので」

-今回はその“仲のいいところ”を撮りたかったんだよ。でも、その割には2人並ぶと、それぞれ「私の一番イイ表情を撮って!」って感じで、目力強かったけど…。

「だってねえ」
「可愛く、撮ってもらいたいもんね。まあ、プロなんで、スイッチ入っちゃいましたね(笑)」

-道重さんは、今回のフォトグラファー西條彰仁さんに写真集「LOVE LETTER」(2008年/ワニブックス刊)を撮ってもらってるけど、会うのはそれ以来?

「はい。すっごい久しぶりでした。久しぶりすぎて…名前はホントに覚えてたんですけど、お顔が思い出せなくて。その時の写真を見たら思い出せるかなって思って、昨日、お家で『LOVE LETTER』見たんですよ。でも、どうしても西條さんのお顔が思い浮かばなくて…。“私、カワイイな”くらいの感想しかなかったです(笑)」

-今日、現場でご本人に会って思い出した?

「…うーん、見たことないわけではないなと思いました(西條さん爆笑)」

-ひどい(爆)。

「ひどいですよねえ、ホントに!(笑)」

-写真集を撮ってもらったフォトグラファーさんって、覚えてないもの?

「さゆみちゃんの場合はそうなんです(笑)」

-亀井さんは覚えてる?

「はい、熊谷貫さんでしょ、河野(英喜)さん、今村(敏彦)さん、西田幸樹さん…」
「私も他の人は覚えてますよ…他の人も覚えてます(笑)…西條さんも覚えてます。ただ、お顔だけが思い浮かばなかっただけで(照)」

-道重さんのブログ、すごい更新頻度だよね?

「むっちゃ、やってます。すごく好き。楽しいです」

-道重さんのブログは、完全に“自分の世界”って感じだよね?(笑)

「そうです、そうです」

-亀井さんは道重さんのブログ、読んでるの?

「自分が登場するってわかった時だけ見ます…だって、さゆのブログ、自分のカワイ子ぶりっこの顔ばっかりだから(隣で笑い出す道重さん)、えりはそれを見ても…」
「どうも思わないもんね(笑)」
「そう、キュンとしないじゃないですか。自分が出る時だけ、『あー、さゆ、えりのこと面白く書いてくれてるな』って、上から目線で見ます(笑)」

-ファン心理としては顔写真がたくさん載ってる方が嬉しいよね。

「でも、同じ角度(から自分撮りした写真)ばかりでもう飽きてると思います(亀井さん爆笑)」

-道重さんは、バラエティ番組のレギュラーとか、一人の仕事が増えたよね?

「最近は慣れてきたんですけど、初めの頃、すごく不安で。現場に行くまで、モーニング娘。の曲を聞いたりしてました。夜も寝ずに考えてました、何をしゃべろうかって。たった一言のコメントがホントに怖くて」

-道重さんはそのキャラクターで、制作サイドからも“オトして欲しい”って期待されるんじゃないの?

「そう! そうなんです! ここはさゆみにかかってます、みたいなことをすごい言われるんですよ~! それが初めの頃、プレッシャーで。それに、さゆみ、その場でぱっと思いつく人じゃなくて、番組とか事前にしっかり調べて、ここでこう言ったら…って、一緒に出る人のことをすっごく調べて、過去にこういうことがあったらココをつけば痛いかなとか、計算の元にやってます」

-でも、アドリブは結構あるんでしょ?

「やるんですけど、結構、日によります。うまくいく時とダメだったなあっていう時と…。でも、今はとにかく“前向きにいこう”って決めたんです。うまくいっても、うまくいかなくても、とにかくやるしかないと思って。誰にどう思われようと、その時、自分が思ったことをやろうって。誰にも負けない気持ちで」

-道重さんは、ラジオも2本やってるんだね? CBCのラジオはもう4年やってるんでしょ? すごいよね、一人で。

「一人でラジオやってるの、すごいと思います。私、仕切ったり、まとめたり、ぜんぜんできないから…(さゆみん爆笑「だろうねえ!」)一人で何をしゃべるんだろうって」
「たぶん、誰か相手がいてこそ、えりの良さが引き出されるんだよ!」
「ずーっと『あーそうですねー』『…はい』とかしか…」
「あー、言ってそう! でも、それはそれで癒されそうですね」

-卒業しても、2人はもちろんお友だちなんだよね?

「もう超・会うと思うよねー」
「あとライブに行きたいんですよ、モーニング娘。とか、ハロープロジェクトの」

-モーニング娘。じゃないの、行けばいいじゃん。

亀・道「えーっ、なんでーっ」
「気になるよね?」
「正月もハロープロジェクトのライブがたぶんあると思うので、あったら私は絶対そこに現れると思います! 出没します! それくらい好きなんです」

-モーニング娘。やハロープロジェクトへの愛の深さだね。そのモーニング娘。のメンバーとしてはあと2カ月だけど。

「今、必死に思い出作りをしています。イベントもできることならたくさんやりたいし、握手会もできるならやりたいし、そんな中でブログはやらないというのはあれなんですけど、やれることはやりたいなと」

-ダンスは続けるとか。

「ダンスも歌も好きなので、体が忘れないように、自分磨きのつもりで」

-亀井さんにとって、モーニング娘。とは?

「いろんな女の子がいて、みんながライバルで、同時にみんなが仲良しで。普通の女の子なんだけど、いろんな性格の女の子がいるから、この子はこういうものが好きなんだ、この子はこういうものが好きじゃないんだとか、いっぱいあって、自分のことじゃないのに、いつの間にかメンバーのことを考える自分になっていたんですね。そうしたら、自分のことも知ることができた。勉強になりました」

-メンバーとの関係性の中で、自分自身のこともわかった?

「自分がこんなに負けず嫌いだったんだとか、泣き虫だったんだとか、ダンスが好きなところとか、このグループに入らなきゃわからなかったし、そういうのを教えてもらったのはやっぱりモーニング娘。っていうグループとメンバーに出会えたからです。だから、すごく感謝しています」

-亀井さんから、モーニング娘。へ何か一言。亀井さんが卒業した後の…。

「卒業した後の…せつないですね、初めてだな、こういうインタビュー(ちょっと寂しそう)。自分が卒業した後のことはまだぜんぜん想像つかないし、コンサート行きたいとか言ってますけど、正直すごくせつないんですよ、自分の歌ってたパートを新メンバーの子が歌ってるとか、さゆが歌ってるかもしれない。それはすごくせつないと思うけど、自分が決めたことなので、胸を張って卒業していくので…。たぶん、えりは卒業後もモーニング娘。のファンだと思う」
「あー、そうなりそう!」
「今までは自分が元気を与える立場だったけど、きっと離れたら、モーニング娘。から元気をもらえるんだろうなって、すごく感じるんですよね(なんだかだんだん声が小さくなってきたような…)。モーニング娘。はずっと好きで、一生応援します…せつなくなってきた、ちょっと(笑)。でも、たぶんファンの人たちも、私が芸能活動を休養することで、元気なくしちゃうんじゃないかって、すごく心配してくれてると思うんですよ。そういう気持ちにさせないような卒業にしたいです。ファンの人たちに『あたし、大丈夫だから! 』って言いたい。あと2カ月、元気いっぱいな自分を見せたいなと思っています」
「でも、元気だもん」
「そう、基本、元気なんですけど、ファンの人たち、やさしいじゃん」
「元気すぎると元気の裏に何かあるって」
「そう、会話できるわけじゃないから、メディアを通してじゃないですか。だから、亀ちゃんの本音は違うとか思われてるかもしれませんけど、私は本当の気持ちしかしゃべってないです。ステージの上でも、発表の時も、素直な正直な気持ちしかしゃべってないことを、ホントにわかって欲しくて。だから、そう、私は元気だよっていう。いっぱい笑顔を見せたい」

-道重さんから亀井さんに言っておきたいことはある?

「卒業してからも応援してくれるって言ってくれたんで、ライブに来て、客観的にモーニング娘。を見て、ダメ出しとかして欲しいと思いますね。さゆみ、すごく素直に聞ける気がするもん」

-道重さんの出ているラジオとかも聴いて欲しいとか?

「あ、ラジオは聴かないだろうね」
「聴かないね(笑)」

-道重さんがレギュラー出演している番組「あいまいナ!」は?

「絶対、見てないと思う。一回も見たことないでしょ?」
「だって時間が遅いじゃん。がんばって起きてるのに」
「でも、(高橋)愛ちゃんとか録画して見てくれてるよ(笑)」
「さすがリーダー!(笑)」

-そっちの方は“客観的な意見”を求めても、「えー、見なかった、聴いてなかった」って言われちゃうのね(笑)。

「だからー、コンサート重視で!」
「そう、そう、そう」
「ナマものだけ」
「あ、それでいいです(笑)」
「ナマものの、さゆみだけ」
そうだね」
「さゆみばっか見ていよ」
「それもやだな(笑)」



オススメムック・書籍:編集部イチオシムック・書籍をご紹介!

ヌードアーカイブス2015-2017

ヌードアーカイブス2015-2017

フォトテクニックデジタル 2017年3月号別冊

PDセレクトショップ:写真家&編集部推奨商品が購入できる!

イメージ:ピクトリコ・インクジェットペーパー「業務用パック」

ピクトリコ・インクジェットペーパー「業務用パック」

ピクトリコとのコラボにより実現した、どこよりも安い100〜300枚の玄光社オリジナルセット。

イメージ:銀一 銀一シルクグレーカード

銀一 銀一シルクグレーカード

18%標準反射板と言えばこのカード。プロ用機材を取り扱う銀一オリジナルのシルクグレーカード

このページのトップへ