イラストレーション最新号

01【特集】世界で仕事がしたい!

上杉忠弘

空間と光の表現で奥行きある画面を描く上杉忠弘さん。14年にはコンセプトアートを担当したディズニー映画『ベイマックス』がアカデミー賞を受賞する等、国内外のビッグプロジェクトに携わる上杉さんに、海外への売り込み方や仕事の進め方についてお話を伺った。

【特集】世界で仕事がしたい!

02【特集】世界で仕事がしたい!

木内達朗

木内達朗さんはArt Center College of Design在学中よりイラストレーターとしてキャリアをスタート。日本へ帰国後も海外と国内の仕事を並行して行なっている。本特集では海外のイラストレーション事情の話はもちろん、SNSを利用したプロモーション方法についてもインタビュー。 また、木内さんと井筒啓之さんの『オンラインポートフォリオ』についての対談も掲載。

【特集】世界で仕事がしたい!

03【特集】世界で仕事がしたい!

武政諒

国内外で活躍する武政諒さんは、幅広いメディアにイラストレーションを提供しているが、意外にも売り込みは一切したことが無い。売り込みをせずに、世界中から仕事の依頼が来る秘密はどこにあるのだろう? 

【特集】世界で仕事がしたい!

04【特集】世界で仕事がしたい!

田島光二

田島光二さんは3Dをメインにコンセプトアートやクリーチャーデザインを手がけ、卓越した画力とイメージ力で世界中から注目を集める。海外で働くことを最初から意識していたという田島さんに、海外で仕事をすることについてインタビューする。

【特集】世界で仕事がしたい!

05【特集】世界で仕事がしたい!

チョイス年度賞発表!

第32回ザ・チョイス年度賞審査の結果を発表。14年度の入選作品全体の印象や傾向、各入賞作品についての各評、審査方法のあり方についてまで、白熱の座談会の様子をお伝えする。

【特集】世界で仕事がしたい!


このページのトップへ