イメージ:第209回審査のお知らせ(大原大次郎さんの審査)

第209回審査のお知らせ(大原大次郎さんの審査)

ザ・チョイスは,本誌が主催する誌上コンペです。毎号異なる1人の審査員が,応募作品の中から優秀作品をチョイスします。年4回の全入選作品は年度賞のノミネート作品となり,年度賞の審査は4人の審査員が一堂に会して,投票制で行なわれます。数多くのイラストレーターがザ・チョイスから巣立っています。

審査員:大原大次郎(グラフィックデザイナー

プロフィール:グラフィックデザイナー。タイポグラフィを基軸とし、エディトリアル、CI、宣伝美術、パッケージデザインなどに従事するほか、展覧会やワークショップを通して、言葉や文字の新たな知覚を探るデザインプロジェクトを多数展開する。共著に『稜線』『ハロー風景』。受賞にJAGDA新人賞、東京TDC賞など。

審査員からひと言:イラストレーションを通して、たくさんの視点、まなざし、視野、視座に触れながら、それぞれの身体感覚の機微を感じ取れるように真剣に取り組みます。どうぞよろしくお願い致します。

締切日:搬送締切日:2018年10月19日(金)必着/直接搬入日:2018年10月22日(月)10時~1414時以降は受付出来ませんのでご注意ください)ご応募お待ちしています。郵送応募のサイズ規定をB3以内からB2以内に変更しました。直接・郵送共にサイズはB2以内です。詳細は誌面にてご確認下さい。

2018年度審査員:永井博(イラストレーター)、長場雄(イラストレーター)、宮古美智代(アートディレクター・デザイナー)、大原大次郎(グラフィックデザイナー)。 応募要項の詳細は,イラストレーション誌最終ページに毎号載っています。 応募には,本誌綴じ込みの応募票が必要になります。 付随しているアンケートへの記入も必須です。


このページのトップへ