イメージ:「撮影会の女神さま」File.013 増田葵

「撮影会の女神さま」File.013 増田葵

撮影会のモデルとして活躍する「女神さま」を紹介!

File.013 増田葵

megami_akane_,masuda01

★アニメが好きで、将来、声優をやりたいという増田葵ちゃん。得意技は“少年の声”。

--撮影会はどのくらいのペースで出演してるの?

「月1回くらいのペースです」

--撮影会では自分でメイクすることも多いそうだけど、メイクの研究とかするの?

「初めの頃と印象変わってると思います。以前は髪がちょっとだけ明るくって、ちょっとお化粧が濃いめだったんですよ。でも髪を暗めにした時に、好きなアイドルさんがいたんですけど、すごいナチュラルメイクで可愛くて、自分もそうしてみようかなと思って。最近はほぼナチュラルメイクで」

--ナチュラルメイクって逆に難しいんじゃないの?

「難しいですねえ、慣れればいいんですけど」

--なんか物足りないなあって、どんどん重ねてっちゃうとか。

「あ、初めの頃そうでした(笑)。最近、ずーっとこの顔、見てるので、鏡で。慣れてきました(笑)」

--Fresh!撮影会にはいつから出てるの?

「(2010年で)3年目くらいです」

--初めの頃はどうだった?

「初め、すっごい緊張しましたね、私。もうガッチガチで、笑顔も全部一緒で(笑)。それに比べると、今はだいぶ楽しくやらさせていただいてます」

--どのへんが変わったのかな?

「口角上げてればいいのかなあって思ってたんですけど、表現って、心の底から感じないと表に出て来ないなあって。感じれば自然と顔に出るじゃないですか、それがわかったので面白いなあと思って。あと、スタジオのイメージによって、衣装を考えたり、表情を作ったり、ポーズを変えたりします。クールな感じで出た時は、笑うにしてもオトナな感じで笑うようにしたり」

--なりきってるんだね。撮影会に出始める前はまったくの素人?

「そうですね、…少し仕事してたとか、スナップとか、そのくらいの程度で」

--なんだ「少し仕事」っていうのは?(笑)

「仕事というか、少し写真を、街でファッション誌のモデルをするとか…」

--街でモデル???

「街で歩いてたら、『ちょっと、いいですか?』って声をかけられたりして、ファッション雑誌のスナップに出てたりしたくらいで…」

--それ仕事じゃないよね(笑)。

「そうですね、仕事じゃないですね(笑)」

--でも、ちゃんと雑誌に声をかけられるくらいカワイイということだね。「あたし、イケんじゃないの?」とか思った?

「いや、ぜんぜん何も考えなかったですね、とにかく雑誌に載って嬉しいってことしか」

--その時は、もしかしてギャルメイクだったの?

「めっちゃくちゃ濃かったと思います(笑)」

--服装とかも? ゴスロリとか…。

「ゴスではないですけど、逆に今、そっちの方に関心があるっていうか」

--ゴスロリとか似合いそうだね。

「ホントですか!? そういうの好きですね、見てるのも好きですし、まだ一着しか持ってないんですけど、ロリータの」

--あっ、持ってるんだ!?

「持ってます。カワイイです。あの、見るのが好きです」

--着ないんだ?

「着ないですねえ、着たいんですけど…勇気がいるなあって」

--撮影会は自前の服も使うから、着て出てみたら…いや、引くかな。

「そうでしょうねえ、男性から見たら、引くかもしれませんねえ」

--撮影会で着る予定はないの?

「ないですねえ(笑)」

--一度、着て出てみて、カメラマンさんたちの反応を見てから、場合によっては着替えるとか。

「ああ、それだったらアリかもしれない」

--撮影会でコスプレしたりして出ないの?

「たまに婦人警官さんのコスプレとか…アニメ好きな私にとっては『コスプレ=アニメコスプレ』っていう印象があるんですよ。でも、一般の人から言ったら、チャイナドレスとかメイドさんとかがスタンダードで、逆にあまり着たことがなくて、そういう点では楽しいですね」

--(つまり、アニメコスプレはしたことあるのか…)で、婦警さんで撮影会に出たと。

「着て撮影はしなかったですけど、控室で楽しみました、一人で(笑)」

--(爆)。

葵ちゃんのマネージャーさん「撮影会の休憩時間に控室で着せかえ人形を自分でやって、自分で写メ撮って、カメラマンさんたちの前に出る時はオーソドックスな服で出るんですよ。葵の着替え時間は大変なんですよ」

--自前の服で3年間、いつも違う服を着るのは大変でしょう?

「妹と母と兼用で着てるので…」

--お母さんも?

「はい。母はどっちかというと“森ガール”のような…」

--お母さん、お若いのね。

「最近、ナチュラルな純粋なアイドルがカワイイと思って、自分もそうなりたいなあって思うので、妹が中学生なんですけど、中学生の服装がナチュラルメイクに映えるかなって思って、中学生っぽいカワイイ服装してみたり…。撮影会の時だけじゃなく、普段も(3人で)取っ替えっこしてます」

--撮影会は得意の“声”を発揮できないね?

「でも、おしゃべりを楽しんでます。たまにテンション上がった時に、声色使ってますね」

--男声を出してるの?

「男声ばっかですよ、私(笑)」

--撮影会で心掛けていることは?

「うーん、…衣装によって、毎回、髪形を変えます。ポニーテール、ツインテール、三つ編み、そのまま…とか」

--ツインテールやるんだ?

「あ、でも、(結ぶ位置は)そんなに高くはしませんよ」

--こうやんなきゃダメなんじゃないの?(頭の左右、高めの位置を示す)

「いやあ、あれは二次元だけです。私、二次元だけしか認めてません。ミクとか、初音…」

--趣味と仕事はちゃんと分けてるんだ?

「分けてますねえ」

+゜*†* [◎] パチリ  .。*†*。.+゜*†* ・.。*

megami_akane_masuda02

増田 葵

Aoi Masuda

1990年11月8日生まれ、静岡県出身。2010年4月、ドラマ「タンブリング」、映画「ナチュラルウーマン2010」に出演。雑誌「Alice DECO」(インフォレスト)のレギュラーモデル。Fresh!ほかの撮影会に出演。現在、舞台「蒼穹のファフナー~FACT AND RECOLLECTION~」(2010年12月21日まで/東京池袋・シアターグリーン)に出演中。http://ameblo.jp/africa–za/
●増田葵オフィシャルブログ
http://ameblo.jp/masudaaoi/



オススメムック・書籍:編集部イチオシムック・書籍をご紹介!

撮影会モデル バイブル

撮影会モデル バイブル

撮影会モデルのすべてがわかる本
著者:清水貴志

PDセレクトショップ:写真家&編集部推奨商品が購入できる!

イメージ:Amazonで定期購読を申し込むと「もう1号プレゼント!」キャンペーン実施中

Amazonで定期購読を申し込むと「もう1号プレゼント!」キャンペーン実施中

Amazonで定期購読を申し込んで、 専用フォームからメールマガジンに登録していただくと、 定期購読期間を1ヵ月延長して、フォトテクニック デジタルをもう1号プレゼントいたします。

イメージ:ピクトリコ・インクジェットペーパー「業務用パック」

ピクトリコ・インクジェットペーパー「業務用パック」

ピクトリコとのコラボにより実現した、どこよりも安い100〜300枚の玄光社オリジナルセット。

このページのトップへ