イメージ:「撮影会の女神さま」File.027岡部成美

「撮影会の女神さま」File.027岡部成美

撮影会のモデルとして活躍する「女神さま」を紹介!

File.027岡部成美

megami_narumi_okabe01

★今月のゲストは、Fresh!撮影会に出演中の岡部成美ちゃん。

--Fresh! 撮影会にはどのくらいのペースで出演してるの?

成美:「だいたい月1回のペースです。私は屋外の撮影会しか出たことないんですけど、2年くらい出させていただいてます」

--2年前は何をしてたの?

成美:「東京に出てきて、半年は普通に専門学校に行ってて、今の事務所の方に見つけてもらって」

--スカウト?

成美:「そうですね」

--その辺、歩いてて?

成美:「バイトに行く途中で」

--事務所に所属してすぐに撮影会に出た?

成美:「入って2~3ヵ月後くらいですね、2年前の3月」

--撮影会は芸能活動の練習みたいな?

成美:「ポージングの習得ということもあるんですが、なかなかみんなの前に出て知ってもらえる機会がないから、そういう意味もあります」

--東京に出てくる前は普通の高校生?

成美:「はい。ずっと東京には出たいと思ってたんですけど」

--“座右の銘”が「東京永住」って資料に書いてあるよ?(笑)

成美:「(笑)そうなんですよ、東京に永住したくて、それは変わってないんですけど」

--なんで東京志向なの?

成美:「なんでなんですかねえ、田舎育ちなんで(笑)、(東京は)なんでもあるイメージが強くて。東京でしかできない仕事をしたいなってずっと思ってて」

--東京でしかできない仕事って、具体的な職業はなかったの?

成美:「テレビ局で働きたいって思ってたんですよ。東京行ったら、テレビ局のレストランでもなんでもいいからバイトしたいっていう、田舎者的な考えで(笑)」

--東京へ出てきて、東京の印象は?

成美:「大変なところもあるけど、毎日充実してますね」

--地元は、どの程度、田舎なの?

成美:「えっと、電車が1時間に2本くらいです(笑)。“周りが全部田んぼで”ってほどではないんですけど。瀬戸大橋の近くです」

--瀬戸大橋の方が、レインボーブリッジよりすごいじゃん(笑)。

成美:「(爆)瀬戸大橋の方が長かったです!」

--東京志向とともに、「タレントになりたい」という気持ちもあったのかな?

成美:「興味はあったんですけど、本格的に考えてたわけじゃなくて。東京に行ったら何か変わるかなっていう漠然としたものしかなかったんです。でも、ほんと出てきてよかったなって思います」

--どの辺が?

成美:「今のお仕事もそうですし、こういうふうに雑誌に載せていただくこともなかなかないし(笑)」

--いい受け答えです(笑)。学校では何かやってた?

成美:「高校では部活はやってなくて、バイトとかしてました。中学時代は管弦楽部に入ってたんですけど」

--何を担当してたの?

成美:「パーカッション」

--パーカッションっていろいろやるの?

成美:「太鼓、木琴系、トライアングル、タンバリンとかもやりました、カスタネットとかも」

--シンバルとか、大太鼓?

成美:「あ、やりました、やりました(笑)」

--打楽器全般?

成美:「曲によって出てくる楽器が違うので」

--その中学、すごそうだなあ。

成美:「岡山県の公立中学校で唯一、弦楽器のバイオリンとか、ビオラ、チェロ、コントラバスがあってオーケストラができる学校なんです。で、中学の時に国体が岡山で開催されて、障害者スポーツ大会の開会式の演奏をしたのがすごくいい思い出で」

--それはすごい! パーカッションって重要な役割だもんね?

成美:「そうなんですよ! 今思うと結構重要だったんだなって思うんですよ!(笑) 改めて、中学の時の演奏をCDとかで聴くと、ほんとひどいことになってて(笑)、なんか本当に申し訳ないみたいな(笑)」

--パーカッションって休む暇ないもんね?

成美:「そうですね、なにかしら叩いてるって感じです(笑)」

--なんでやめちゃったの?

成美:「進学した高校も吹奏楽に力を入れてるとこだったんですけど、“東京に行きたい”っていうのがあるじゃないですか、卒業したら。大学に行かないと東京に出してもらえないと思ってたんですよ、その頃は。で、勉強しようと思って、部活やらなかったんですよね。でも、よく考えると大学行かなくても来れたなっていう(笑)。だから、途中からは普通にバイトしたりしてました」

--何のバイト?

成美:「居酒屋です」

--バイトして洋服買うとか?

成美:「いや、もう引っ越し資金にしようと思って。でも、結局、その貯めたお金で自動車免許取りました」

--運転できるんだ?

成美:「一応持ってるんですけど、ペーパーです、今ゴールド目指してます(笑)」

--ほんとは車を運転して湾岸をぶっ飛ばしたかった?

成美:「あ、それは…助手席がいいです(爆)」

--東京出てきて、スカウトされた時は、「来たっっ!」と? 「しめしめ」と?

成美:「(爆)…そんなことないです、びっくりしました」

--最初から全力で受け入れ態勢みたいな?(笑)

成美:「最初…結構、不審な感じだったんですよ(笑)。バイトに行く途中で急いでたし、あとで改めて調べたらちゃんとした事務所だったんで(笑)」

--撮影会は屋外が多いってことだけど、東京の公園で撮影だよね?

成美:「潮風公園が大好きで。将来はレインボーブリッジと東京タワーが両方見える部屋に住むのが目標なんですよ(笑)」

--スカイツリーじゃないんだ?

成美:「東京タワーなんですよ、そこは(笑)。だから潮風公園とかもう…やばいですよねえ(笑)。ゆりかもめもいいです」

--瀬戸内海の方がよさそうだけどなあ(笑)。

成美:「夜景とか好きです、お台場の(笑)」

--なんか昔のトレンディドラマへの憧れみたいな(笑)。

成美:「わーっ、ちょっと古い人?(笑)」

--撮影会は何人かのモデルでやるんだよね?

成美:「8人とか」

--じゃあ、散るんだ?

成美:「そうですね、散って、お客さんもバラバラになって、好きなモデルさんのところで撮っていただくという」

--「なんか、来ねえなあ、暇だなあ」って時はないの?

成美:「(笑)…やっぱり、最初の頃は優しいお客さんが“誰もいないから”みたいな感じで来てくれたことがありました(笑)。もう何もできないのにすいませんって感じで」

--最初は緊張した?

成美:「緊張しましたね。ポージングとかも何もわからなくて。スタッフさんが付いてくださるんですけど、『こういうふうにやってみたら?』って感じで教えてもらいながらやりました」

--顔が引きつったりしないの?

成美:「引きつってました! 引きつってました!(笑) あとで写真見ると表情が硬くて」

--1回目が終わって「うわーどうしよう」ってことはなかった?

成美:「いやもうそんな感じでした。うわーすごいこのお仕事~っみたいな(笑)。まず、知らない人にカメラを向けられることも普段ないじゃないですか、だから『うわーっ』って思って。囲み撮影だと見てないところでも不意なショットを撮られてたりして。でも、いざブログに載せていただいた写真を見ると、ほんとに自分じゃないみたいで」

--嬉しい発見があった?

成美:「嬉しいですね~。自分が意識してない写真ってこんなふうになるんだなあって。それにポージングでもっとこうすればよかったっていうこともわかるし。だから、撮影していただいてアップされた自分の写真は全部、パソコンに保存してます。後から見て、また次につなげられたらいいなと思って」

--ご両親に送ったりとかしてないの?

成美:「あー送ったりとかはしてないんですけど、結構、喜んで見ているみたいです。プリントの仕方とかあまりわかってないみたいで、『どうやるの?』って訊かれます(笑)」

--2年やってきて、今はもう慣れたもんと?

成美:「いえいえ、まだ“次のポーズ何しよう”とかありますね。そういう時は『なんかありますかねえ?』って訊いてやらさせていただいたり…」

--髪型のバリエーションは?

成美:「普通に下してるほかに、ポニーテールとか、お団子とか、ツインテールとか、三つ編みして編み込むとか」

--衣装は自前でしょう?

成美:「撮影会に出させてもらうようになってから、緑が多い時期ならこういう色がいいかなとか、服を買う時に考えるようになりましたね」

--あー、普通に服を買いに行った時でも。

成美:「はい。1ヵ月に1回、2着しか撮ってもらえないので、できるだけちゃんと全身のコーディネートを考えたいなと思って。それまでは普段着もパンツ系とか好きで、楽な服が好きだったんですね。でも、やっぱり写真撮っていただくようになって、スカートがいいっていうお客さんも多いので、女の子らしい服を見るようになったり、小物とかアクセサリーとかも写真に映えそうなものを選んでみたり…」

--いつも撮影会のことを考えながらってこと?

成美:「初めはそうだったんですけど、だんだん普段着と撮影会の服が近づいてきたんで、特別意識しなくなりました」

--服の好みが変わったってこと?

成美:「変わりましたね」

--学校は卒業したの?

成美:「この3月に卒業なんですよ」

--何の専門学校なの?

成美:「ネイルの専門学校です」

--あ、またネイルか…(最近のインタビューでは、ネイリスト、もしくはネイリスト志望が多い)。やっぱり撮影会に自分でネイルしていくことある?

成美:「時々あります」

--そういう時は写真に撮って欲しい?

成美:「ああそうです、お客さんも気づいてくれて、『ちょっと爪を見せてよ』って言われるんで、そういうポーズをすることもありますね」

--卒業したらどうするの?

成美:「一応、今のお仕事をがんばりたいんで、ネイルサロンとかに勤める予定はないんですけど、生きていくのに困ったらネイル(笑)」

--芸能活動としてはどんな目標を立ててるの?

成美:「私、CMに出たいですよ。あとはレギュラー番組があるとか…」

--演技をやっていきたいとブログのプロフィールに書いてあったけど?

成美:「はい、演技を勉強したくて」

--いつから?

成美:「2年くらい前にエキストラをやらせていただいたんですけど、初めて撮影の現場に行かせてもらって、ほかの役者さんが演技しているのを見て、『うわー、すごーい』って思って、そこからですね、演技を勉強したいと思って、レッスンに通ったり」

--2011年8月に『@ほーむ』という舞台に出たと…。

成美:「それまでも再現VTRとか出させていただいたんですけど、役名があるのは『@ほーむ』が初めてですね」

--撮影会の常連さんとか来てくれた?

成美:「そうですね、撮影会つながりで観に来てくれた人もすごく多くて。『ぜんぜんイメージ違うね』って言ってくださったりして、嬉しかったですね」

--女優をやっていきたいということだけど、撮影会は続けていきたい?

成美:「続けていきたいです。せっかく応援してくださってる方たちと会える機会がなくなっちゃうので続けていきたいですね」

--ところで、先ほどパーカッションの話が出てきたけど、資料に「特技はピアノ」ってあるぞ?

成美:「あ、ピアノやってました…でも、今はちょっと(笑)、特技と書いてる割に(笑)。あ、でもタイピング好きなんですよ(笑)」

--え? タイピング?

成美:「はい。パソコンのタイピングソフトがあって、そのソフトに出てくる文字をずっと追っていくんですけど」

--え、キーボード打つの速いの?

成美:「いや、そんなに速くはないですけど、今特訓中です(笑)」

--ブラインドタッチで?

成美:「ブラインドタッチはできるようになりました。2年前から始めたんですけど、始めたばかりの頃は1日3時間、4時間、ヘーキでやってて」

--ただ、打つだけ?

成美:「タイムを競うんですよ。最初は200何秒かかってたんですけど、最近は70秒くらいで打てるようになったんですよ! でも、本当に早い人が打つと40秒とか50秒くらいで打つんですよね。だから50秒切りたいというのが今の目標です」

--何かそれが武器になるといいね(笑)。

成美:「そうなんですよ、いろんなところで言ってるんですけど、『タイピングかあ』って反応ばかりで(笑)。2月の舞台でも、『役者一人一人の個性を生かしたい』と監督がおっしゃったんで、『私、タイピングが得意です』って言ったんですけど、『それは何かに使えるかなあ…』って(笑)。結局、使われないんですけど(笑)」

+゜*†* [◎] パチリ  .。*†*。.+゜*†* ・.。*

megami_narumi_okabe02

岡部成美

Narumi Okabe
1990年11月22日生まれ、岡山県出身。CX「東京リトルラブ」、PV「虹の向こうへ」、NTV「魔女たちの22時」再現VTR、映画「キシメンちゃん」、舞台「@ほーむ」などに出演。ムック本「マンガ作画資料 写真と図説でわかる 髪型上達ガイド」モデル、2011年度「ミンティアガール」岡山県代表。Fresh!撮影会に出演中。

●ブログ
http://ameblo.jp/narumi-okabe1122/



オススメムック・書籍:編集部イチオシムック・書籍をご紹介!

写真とフェチ 視線のエロティシズム

写真とフェチ 視線のエロティシズム

「あなたは何フェチ?」写真家10人の官能と陶酔

DARK EROS (ダークエロス)

DARK EROS (ダークエロス)

5名の写真家による全作品、完全撮り下ろし、禁断のオムニバス写真集。

PDセレクトショップ:写真家&編集部推奨商品が購入できる!

イメージ:Amazonで定期購読を申し込むと「もう1号プレゼント!」キャンペーン実施中

Amazonで定期購読を申し込むと「もう1号プレゼント!」キャンペーン実施中

Amazonで定期購読を申し込んで、 専用フォームからメールマガジンに登録していただくと、 定期購読期間を1ヵ月延長して、フォトテクニック デジタルをもう1号プレゼントいたします。

イメージ:ピクトリコ・インクジェットペーパー「業務用パック」

ピクトリコ・インクジェットペーパー「業務用パック」

ピクトリコとのコラボにより実現した、どこよりも安い100〜300枚の玄光社オリジナルセット。

このページのトップへ