イメージ:第193回審査 芥陽子さんの審査

デザイナー・芥陽子さんによる第193回ザ・チョイスの審査が11月5日に行われました。応募数は約450人、約1500点。

ほぼ時間どおりに芥さんが到着。数日前から風邪がなかなか治らないとのことでしたが、前日は風邪に効く特製スープで回復に努め、当日は喉にいいというお茶を持参しての来社です。

机に並んだ作品の山にちょっと驚きつつも、気合は充分。うがいをして体を整え、審査開始です。

絵を見てのジャッジは早い方で、「アリ」「ナシ」とてきぱき判断していきますが、落とす作品でも手に取って見るなど、丁寧に見ている印象です。

web3

迷った作品は何度か見返しますが、この段階では残しておきます。

芥さんの体調のこともあるので、1時間ほどしたところでいったん休憩を挟みます。この段階で3分の2くらい見終えたでしょうか。

持参したお茶を飲みつつ、ここまでの印象を伺いました。

「これはダントツ、というのはここまでなかったですね。でも普通にお仕事をお願いしたいのがありました」

さらにお話が続きます。

「自分が好きというだけで選んでしまって、後で全然仕事来なかったりしたら却って申し訳ないので、選ぶ基準として、自分が好きで、かつ仕事としてやっていけそうな人、というのを漠然と考えていたんですけど、漫画家の寺田克也さんに話したら“若者たちの人生を狂わせてくればいいじゃん”と言われました」

寺田さんはザ・チョイスの“先輩審査員”です。

審査再開。同様のペースで作品を見て行きます。心なしか前半より悩む場面が増えたようでしたが、30分ほどで作品を見終えました。

全体としてやや多めに作品が残りました。

DSCF9315

ここでコーヒーブレイク。

「上手いなーという作品も結構あったけど、私が選ばなくても他の人が選びそうな人、もうプロとして仕事していけそうな人は外しました。

あと、今これをチョイスの場で選ぶ意味を考えるとどうかな、と思ったものも外しました。その二つにハマっちゃった人はかわいそうかも」

2次審査開始。1次審査同様、流れ作業的に目の前に作品を並べてジャッジしていきますが、なかなか作品が減りません。

すべて見終えても、先ほどとそれほど変わらない数の作品が残っています。半数以上が残ったでしょうか。

残った作品が多いと、普段ならもう1回同じ作業を繰り返すのですが、芥さんの希望で、机の上に残った作品を並べられるだけ並べて気に入った作品をピックアップしていく方式に切り替えることにしました。

DSCF9335

入選・準入選の候補を選り分け、同時に残らないと感じたものは外し、隙間ができたらそこにまた別の作品を並べる、という方法。

ポツポツと作品がピックアップされていきます。

最初から「入選」として選ばれるよりも「準入選」か「まだどっちかわからない」のいずれかで選ばれるものが多い感じです。

「ここまで来るとレベルが均一だから、悩むな〜」

入選・準入選あわせて16人を選ぶわけですが、とりあえずピックアップされた作品が16人分を超えたところで、入選・準入選のいずれかに振り分けていきます。

一方、机の上にはピックアップされなかった作品がまだ並んでいて、時折そちらにも目を向けて、入れ替えしたい作品がないかチェックします。

同じくらいの評価の作品が多いためか、入選の最後の一人がなかなか決まりません。

一方、準入選は少し多いので数を絞る必要があります。

ようやく最後の一人を決め、準入選を絞ったところで、机に並んでいた中から一人をピックアップして準入選1名を入れ替えました。

最終選考対象作品は多めに残りましたが、今回は最後まで入れようか迷った人、実力的には充分に仕事が取れると判断してあえて外した人を第1席、その次に評価の高かった人を2席、3席の順とすることにしました。

最後に芥さんは、今回は選外だけど仕事を頼みたい人の名前と連絡先をチェックして、会場を後にしました。お疲れさまでした!

審査結果は下記のとおりです。

入選・準入選作品と芥さんの講評、総評は2015年1月17日発売のイラストレーションNo.205に掲載します。

入選▼

●斉藤裕和(東京都)●重岡美有(広島県)●小川清(東京都)●渡邊雅子(静岡県)●石津亜矢子(東京都)●秦直也(兵庫県)●三好愛(神奈川県)●霍本真衣(東京都)●早川世詩男(東京都)●牛久保雅美(東京都)

準入選▼

●仲村直、庄野紘子、寺坂耕一(東京都)●廣田智代、山崎義太郎(神奈川県)●小野寺奈緒(宮城県)

最終選考まで残った人々▼

※今回は芥さんのご意向で最終審査も3段階で分けています。(一席→二席→三席の順)

■一席

岡田喜之、山本由実、水内実歌子、長谷川朗、椎木彩子(東京都)長洲忠、みょんこ(神奈川県)井田享子(三重県)

■二席

立川恵一、あわい、常盤美賀、大多和琴、坂之上正久、川名晴郎、山崎カズヒコ(東京都)

中上あゆみ(神奈川県)田中日沙野(長野県)藤本麻野子(兵庫県)タニモト大作、谷口正造(大阪府)

■三席

和田彩花(山形県)三宅美之(奈良県)柏木悦子、水谷有里、SHO(大阪府)森裕美子(千葉県)越智あやこ、いとうひでみ、椎葉望、竹浪音羽、楓真知子、畠山桐佳、綱田康平(東京都)小谷千絵(愛知県)agoera、くのまり(神奈川県)今井梓補(岐阜県)坂田藍美(茨城県)香凛(長野県)熊本美千恵(静岡県)堀嵜雄也(愛知県)


このページのトップへ